店舗の空きスペースを貸したいオーナーと、借りたい商品を持つ人のマッチングをしたいと思います

● 質問

店舗を所有するショップオーナーと、その店舗スペースの一部に商品を陳列したい人をマッチングするサービスを立ち上げたいと思います。

店舗のオーナーは店にディスプレイをしてあげるだけで収入になり、一方のネットショップしか持っていない起業家などは、店舗に実際に商品を置けるということで、双方に大きなメリットがあるのではないかと考えています。

このシステムは成立するでしょうか?
スペースを貸し出したショップオーナーが、借りた人に代わって会計を代行することはできるのでしょうか?

また、店舗のスペースを借りたい人が、直接、お店に連絡されてしまうと、仲介手数料が取れなくなってしまうと思うのですが、どうすればよいのでしょうか?

最後に、このようなサービスに規制はありますでしょうか?
教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

不動産の仲介と同じで、空きスペースの広告に出展まった場合に成約料を取るビジネスですね。
可能だと思います。

スペースを借りたい人は、スペース使用料を支払い、ショップオーナーと質問者様が収益を折半するという形でしょうか。
リスクが発生しないようにするために、成約時以外に店舗への支払いが発生しないように、成果報酬型の契約にしておくといいでしょうね。

スペースを借りたい人からの代金の回収は、固定でもらう場合もあれば、売り上げに応じた歩合になることも考えられます。
その場合、売り上げは自己申告になりますが、過少申告されないためには売り上げのノルマを設定し、下回った場合には展示を続けられない仕組みにしておけば良いのではないでしょうか。
 
 
次に、会計を代行できるかというお話ですが、お金の管理、カード払いの処理など、ショップオーナーが面倒くさがるのではないでしょうか?
空きスペースに展示するのはサンプルだけにして、その場でネットで注文できる形にすれば、会計の手間は省けますね。

スペースを借りたい人が店舗に直接連絡してしまうと、仲介手数料が入らなくなってしまうご心配についてですが、契約書でしっかりとガードしていく他に防ぎようがありません。

そして、たまに店舗に顔を出し、関係性を作っておくことも抑止になると思います。
質問者様が見たことのない商品が陳列されていれば、質問することもできるでしょう。
 

最後に規制についてですが、店舗の空きスペースのマッチングすることについて、何かの規制があるとは思えませんが、一応、関係省庁に確認してみるといいでしょう。
販売するものが医薬品であったり、許認可の必要なものであるならば、仲介者までが規制の対象になるのかどうかはっきりしない部分もありますので、これは関係省庁に問い合わせて確認してみてください。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!