「起業アイデアがでたらまずやってみよう」と、新井さんは言いますが、具体的に何をするの?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

新井さんはよく、「実際に小さくやってみて、試してみよう」と言っていますが、具体的に何をしたらいいのでしょうか?
ホームページや、ブログを書くという意味ですか?
 

起業前質問集
 

● 回答

実際にお客様にサービスを提供してみようということです。
お客様はいないでしょうから、まずは、お友達からです。

お友達はお客様ではないので、フィードバックは正確なものはもらえません。
ですが、自分がサービスを提供することの練習にはなります。

まずはやってみること。
そこからわかることは、想像以上のものがあります。

特に、会社員のまま続けることができるのか、その感触を得ることが重要です。
やってみるとすぐにわかります。

最初から完璧なビジネスができるはずがありません。
やってみて、初めてわかります。

あまりにも適当な状態で、いきなり一般の人相手ですとクレームになりますので、まずはお友達から。
それでいいと思います。

●●という悩みを持つお客様を、○○という状態にする。
そういった目的をしっかりと押さえつつ、サービスを提供する練習をする。

それが、私が、「まずやってみよう」という意味です。

やってみると、やっぱり違う、会社員のままできない、時間/コストがかかり過ぎる、こういう内容も必要だ、これは不要だ、別のサービスの方がいい、など、気づきがあります。

やりながら直す。
これでいきましょう!
 


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!