起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

今回は起業の失敗と再就職についてです。
 

起業
 

私の友人が外資系の会社を辞め、かなりの額の退職金を受け取り、起業すると言ってがんばっていました。しかし、結局、ビジネスを立ち上げることができず、今はサラリーマンに戻るために活動しています。どうしてそうなってしまったのでしょうか? その人と話し合いをして、当人が言っていたことをまとめて、あなたにお伝えしておきたいと思います。全部で7項目あります。
 

ポイント 逃げ

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

彼は、会社にいた頃は、会社が嫌だ、会議が嫌だ、あれもこれも嫌だ! となって気持ちが逃げていたそうです。つまり「起業したいから会社を辞めた」のではなく「会社を辞めたいから起業しようとした」ということです。

私は、そのこと自体はあまり悪いことではないと思っています。ネガティブな力も、起業の為には時に必要なのではないかと思います。問題なのは、会社を辞めた後です。気持ちが落ち着いたら、起業への動機を失ってしまったのです。結果、どんどん逃げてしまって、やらない方やらない方へと向かってしまったのが問題でした。このような逃げの気持ちにならないように注意しましょう。
 

ポイント 借金

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

大博打を打つ。これはよくありません。しっかりと準備をして、小さい金額を使って小さなビジネスを作り、それを後から投資して大きくしていくということが手堅い形です。最初は小さな、例えば5万円くらいの売上になるビジネスを作り、上手くいったら投資してレバレッジを効かせ、50万円のビジネスにするというような形がよいでしょう。特に一人型のスモールビジネスでは、まず博打を打たず、手堅くいく方がよいと思います。

これはお金に限った話ではありません。投資をゼロにして膨大な時間を費やすことも、同じようなリスクのある博打です。借金をすることはお勧めしませんが、小さな投資をして時間を節約していくことは大切なことです。時間を使わない、お金は最低限を投資する、このバランスです。友人は投資ゼロで超スローペースのまま、時間切れで撃沈しました。
 

ポイント 友情

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

友人や彼女と組んでビジネスをしてしまうとうことがよくあります。旦那様や奥様と組むのは悪くないのですが、別れてしまうリスクがある場合には、あまりよいパートナとは言えません。友人同士の場合には言いたいことが言えなかったり、気をつかってしまうなどの問題が多々あります。

誰かと組むのであれば、信念を共有しているビジネスパートナーと、きちんと契約して組むことが大切になります。
 

ポイント 行政

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

補助金や助成金に頼りきったビジネスを作ってしまうのはよくありません。補助金、助成金に頼っているビジネスというのは、ビジネスの本質ではないと思います。公務員と真逆の立場となる起業家が、国のお金に頼って、それをあてにして起業しようというのは違うのではないでしょうか?
 

ポイント 未経験

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

起業する人は、経験のある分野、あるいは得意な分野で起業して日々戦っている人がほとんどだと思います。いきなり未経験のことで起業して成功することはありません。確率的にとても低いことでしょう。「やりたいこと」と「やれること」は違います。やりたいことはまだやってないことですから、上手くいくかどうかはわからないはずです。

それならば、会社員のうちからやりたいことをどんどんやってみて「これだ!」と思えるところで起業するのがよいでしょう。いきなり会社を辞めて、未経験の分野で起業するのはとても危険なことです。
 

ポイント 固定費

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

起業したらなるべく固定費はかけないでください。固定費はどうしても膨らんでしまいがちです。これをいかに小さくしていくかというかが要になります。

コンサルティングなど、目に見えないものを商品としている場合は、事務所務所を構えるといった「目に見えるもの」を用意することはとても大切なことなのですが、そうすることによってビジネスとしての重厚感は増しますが、固定費はしっかりと増えてしまいます。正しい経営判断で投資するべきところに投資することが大切です。
 

ポイント 見栄

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

最後は「見栄」です。羽振りがよくなったり、友人にお金を貸してしまうなどの行為です。見栄を張っても何もよいことはありません。成功しているように見える人でも、TVや皆さんの前では格好つけていますが、実際は資金繰りなどで大変なのです。

「見栄を張って、羽振りがよくなって会社がおかしくなる。」よくある話ですが、本当にろくなことにはなりません。いつでも初心を忘れずに、謙虚に事業をスリム化して、利益率を高めていく姿勢は大切です。
 

ポイント おわりに

起業失敗と再就職・・・気になるその理由は?

このような形で失敗してしまうと、再就職も難しくなってしまいます。年齢も40を超えてくると再就職は本当に厳しいです。そのようなことにならないように、会社員のうちからしっかりと準備をしていきましょう。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!