会社を辞めるタイミングは・・・○○ができたら!

まず不安になるのは金銭面です。家族がいて、すぐに起業⇒退職を実行に移すのもなかなか難しいものです。あくまでも参考としてですが、金銭面について以下のポイントを抑えた上で退職のタイミングを見計らいましょう。
 

会社を辞めるタイミング
 

ポイント 収入面から考える会社を辞めるタイミング

会社を辞めるタイミングは・・・○○ができたら!

収入面で安心できるレベルというのは、会社員時代の給料の2~3倍と考えます。例えば、会社員時代に年収500万円もらっていた人は1千万円は収入が欲しいです。つまりは、お給料で500万円、副業で500万円=1千万円ということになってくれば、会社員を辞めても副業の500万円が収入としてあります。以前と同様の水準まで収入があるならば、とりあえずは安心できるでしょう。実際に「収入」とすると大変かもしれませんが、「売り上げ」という意味ではなんとか可能ではないでしょうか?

起業準備時代というのは儲かっている分は基本的に自分のポケットマネーにすることは得策ではありません。再投資により事業の拡大をしていきましょう。この様にして、会社を辞めると昼間の時間も使える、ある程度収入面の見込みができた、という時点で退職すると良いでしょう。

逆に一番まずいのは何の実績も無いままで会社を辞めてしまうことです。今まではスキルが高く仕事ができ、会社内ではナンバーワンで出世をしていたとしても、所詮は会社の一部であったからに過ぎません。会社から出てしまえばそのようなものはほぼ役に立たなくなってしまうでしょう。人脈の形成など、自分の力で何ができたのかというのが何より重要です。
 

ポイント 貯金面から考える会社を辞めるタイミング

会社を辞めるタイミングは・・・○○ができたら!

収入があっても貯金があればより安心できます。果たしてどのくらい必要でしょうか? 一つの指標として、家族が1年間は食べていけるという程度は欲しいところです。なぜなら起業した後、1年間くらいはほぼ赤字であり、しかも普段以上に支出も大きいからです。起業の準備には費用はかかりますから仕方ありません。

しかし、勉強においてはあまり費用をかけずに無料の動画やメールの配信講座などを使いコストを節約していきましょう。最初の1年は設備投資(備品や事務所などの設備投資、チラシなどの広告宣伝費)にものすごくお金がかかります。これらを含めて、家族共々1年くらいは食べていけるような生活費となる貯金が欲しいところです。収入と貯金に折り合いが付いてきたら会社を辞める良いタイミングと言えます。
 

ポイント まとめ・会社を辞める前に・・・

会社を辞めるタイミングは・・・○○ができたら!

また、金銭面に100%の折り合いが付かなくとも、会社に対しての義理、家族の協力や同意が得られた場合も良いタイミングでしょう。何らかのチャンスがあった場合はそれに上手く乗るのもポイントです。勢いや気分ではなく、実績などによって、続けていける・食べていけるという確信が生まれた場合も退職の良いタイミングだと思います。

あまりにも保守的に立ち回ってしまうのは考え物ですが、必要な準備をした上でチャンスを待ち、いつでもそれに乗れるように起業の準備をしていきましょう。

会社を辞めるタイミングは、まずはお金の部分をしっかり見ていきましょう。そして、これが100%できていなくても、準備ができつつあるところにチャンスは来るものです。上記の内容を意識的に考えて起業を進めていきましょう。
 


 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!