起業してホームページを作る場合、無料版でも大丈夫?

● 質問

20~30代の女性に、悩み相談をするカウンセリングで起業したいと考えています。

集客のためにホームページを作ろうとしていますが、最初は無料のサービスを使うべきか、どうせ将来的には必ず必要になるので、移転等が面倒にならないように最初から有料でしっかりとつくり込むべきか迷っています。
 

起業前質問集
 
 
● 回答

結論から言いますと、まず最初は無料で試し、その後、「このカウンセリング事業で行く!」と覚悟が決まったら、有料版にアップグレード、または新規投資されるといいでしょう。

ですが、無料/有料と言っても、いくつかの組み合わせパターンがありますので、ここで整理しておきましょう。
まず、無料版と言っても、「何を作るのか?」を考えます。

1.無料ブログ
2.無料ホームページ
3.無料ブログ型ホームページ

これらの3つがありますが、これらのどれを作るべきなのかは、あなたの事業内容によって異なります。
今回のカウンセリングで言えば、1~3のどれでも大丈夫です。
 

ポイント 無料ブログを作る場合

起業してホームページを作る場合、無料版でも大丈夫?

女性の自立
 

1の無料ブログを選択する場合、まずはとにかく一生懸命、記事を書いてください。
ただ書くのではなく、あなたの未来のクライアントさんたちが求めている情報を、これでもかというくらい書きましょう。

無料でやるのなら、はてなブログかアメブロの2択と考えましょう。

はてなの場合、グローバルメニューのあるテンプレートを利用します。
ホームページにも見えるようなものが理想です。

アメブロの場合は、基本商用利用が禁止で、その基準も曖昧で突然削除されたりもします。
ですので、ペライチなどのサービスを利用して無料ホームページも開設し、アメブロにはあくまでも活動報告的な記事を書き、商売的なことはホームページ側に記載して誘導しましょう。

はてなブログとアメブロの使い分けですが、男性ターゲットの場合は「はてな」、女性ターゲットの場合は「アメブロ」でいいと思います。

そして、無料版でスタートする場合、「この事業で行くぞ!」と決めたら、有料版にアップグレードしましょう。
はてなの場合は、はてなproにしたら、独自ドメインにしましょう。

また、アメブロの場合には記事のバックアップを忘れないようにしましょう。
本当に突然削除されますので。
 

ポイント 無料ホームページのみで行く場合(ブログが面倒な場合)

起業してホームページを作る場合、無料版でも大丈夫?

女性の自立
 

ブログを書くのが面倒であれば、2の無料ホームページだけを作ることも可能です。
その場合も、ペライチなどを利用しましょう。

そして、ブログを書く代わりに、SNSや有料広告を活用してホームページに人を誘導して、受注につなぎましょう。
やはり覚悟が決まったら、なるべく早い段階でペライチを有料版に切り替えることで、より集客効率のよい運営が可能になります。

そして、有料版にしたら、必ず独自ドメインで運用するようにしましょう。
従って、無料版でやっている間は、あくまでも仮のホームページとなりますので、名刺などにもURLを入れても仕方がありません。

無料版はあくまでも実験的に、ビジネスを固めるための下書きくらいに考えておきましょう。
 

ポイント 無料ホームページのみで行く場合(ブログが面倒な場合)

起業してホームページを作る場合、無料版でも大丈夫?

起業
 

無料ブログ型ホームページには、ワードプレスのような「自前(レンタル可)サーバーインストール型CMS」と、Jimdoのような「クラウド型CMS」がありますが、知識がない方はクラウド型CMSを使うようにしてください。

ワードプレスは無料ですが、設定や制作をプロに依頼すれば有料になります。
それを自分でできるくらい簡単にしたものがJimdoなどのクラウド型です。

ですので、知識がない人は、最初は無料のJimdoで実験し、これもやはり覚悟が決まったら有料版のJimdoにすればいいと思います。
ですが、やはり素人作りですのでキレイではありませんし、集客効果もイマイチになることは否めません。

知識がないのにワードプレスを導入して、自分で作業をすることはあまりお勧めしません。
そんなことをしている時間があったら、お客様の需要を調べる時間に充てましょう。
 

ポイント ベストのやり方は?

起業してホームページを作る場合、無料版でも大丈夫?

起業
 

ベストの進め方をご紹介しておきます。

まず、2の無料ホームページを用意し、商品情報を整理し、受注体制を整えます。
そして、1の無料ブログを用意して記事を書き、SNSで発信してブログ読者を集めます。

ブログからホームページに読者を誘導し、商品(サービス)の需要をチェックしていきます。

また同時に、ココナラなどのサービスを利用して商品を販売します。
商品が実際に売れるのか、お客様の反応はどうか、などをチェックして改善していきます。
キャッチコピーも反応を見て修正していきましょう。

一般の人から受注が来るようになり、お客様の声が集まって来たら、プロに依頼してワードプレスでホームページを作りましょう。
いよいよ本格的投資、そして、独立に向けた本格的なジャンプが始まります(※弊社もビジネスモデルの再確認からお手伝いします)。

ワードプレスが完成したら、無料ブログは有料版にした上で継続して、無料ホームページは閉鎖しましょう。
ブログとSNSからワードプレスに読者を誘導します。

ワードプレスのブログには、検索からの流入を期待するしっかりとしたコンテンツを書き、ブログはコンテンツよりは活動報告的な日記を書き、更新回数を多くします。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!