合宿で目標設定を行うビジネスを考えています。旅行業法に抵触しますか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

合宿(2泊程度の宿泊)で、目標設定などを行うビジネスを考えています。

これは旅行業法に抵触しますか?
 

起業前質問集
 

● 回答

法律のことは、必ず弁護士さんや法律の専門家に確認をしてくださいね。

あくまでも一般論として、報酬を得て宿泊を段取りした場合、旅行業に該当することになります。予約などの手配も情報提供も同じ扱いです。 

● 質問登山を趣味とする人に、ガイドをマッチングする仕事をしたいと思っています。日程、人数、ガイドへの希望、予算などで、条件マッチングを行うサイトを作りたいです。出発地からの同行ではなく、地元のガイドが現地を案内する形式を取ろうと思います。質問としては・・・このビジネスには人材紹介や旅行業のライセンス、許認可が必要でしょうか?中高年の登山はこれからも人気化していくと思いますが、事故も多いため、このビジネスには社会的意義があると思っています。新井さんのご意見はいかがでしょうか?登山が好きというこ...

 
旅行業登録の手続を専門に扱っていると、色々なご相談をいただきます。 真正面から旅行会社を作りたい、というご相談も当然あります。 一方で、こんなビジネスを考えているけど、これは旅行業の登録が必要なのだろうか、というご相談も多くいただきます。

 

旅行業の登録には費用も掛かりますので、まずは旅行会社に外注、提携して実施された方が良いですね。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全11冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!