女性の週末起業には危険もある? リスクと対処方法を解説します

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

起業をして「収入を増やしたい」と考える女性がどんどん増えているのか、私のところにもご相談が相次いでいます。様々なお話を聞かせていただきますが、そんな方に人気が高いのが、リスクを下げて起業をスタートできる「週末起業」です。しかし、リスクの低い週末起業にもリスクがないわけではありません。

そこで、今回は週末起業のリスクと対処方法について解説していきます。
 

ポイント 女性の週末起業で起こり得るリスク

女性の週末起業は危険?リスクと対処方法

フリーランス女性
 

週末起業は手軽にビジネスを始めることができるので、女性にも人気が高い起業準備法です。しかし、週末起業にもリスクはあるのです。
 

自由な時間がなくなる

週末起業は本業以外の時間、特に夜の時間を事業に使うため、自分が自由に使うことができる時間は必然的に少なくなってしまいます。特に仕事が忙しい方の場合、普段のお仕事と別に違うストレスがかかってしまうので、途中できつくなってしまうという方は多くいます。
 

本業に支障をきたす恐れがある

週末起業に没頭しすぎてしまうと、普段のお仕事と副業の仕事で疲労が溜まりすぎてしまい、過労で倒れてしまったという方もいます。週末起業をするために睡眠時間を削ってしまうと、寝不足に陥ってしまい、本業の時間も集中力がなく仕事がままならない事態になることも考えられます。体調を崩すと、本業はもちろん副業も思ったようにできなくなってしまうため、注意が必要な点と言えるでしょう。
 

お金をかけすぎてしまう

週末起業を成功させようと思うがあまり、多額のお金をかけてしまうという方もいるでしょう。しかし、投資資金に対して利益があまり上がらないということも起こり得るので、資金繰りがうまくいかずに利益を出せないという事態も多くあるようです。
 

ポイント 週末起業に失敗しないための対処方法

女性の週末起業は危険?リスクと対処方法

フリーランス女性
 

週末起業を行う場合、そのリスクを理解して事前に対処しておく必要があります。リスクを回避しておくことによって、成果をしっかりと出せるのが週末起業です。危険性と回避方法を事前にしっかりとチェックしておきましょう。
 

本業の余裕を作っておく

週末起業を行う時には、事前に本業の余裕を作っておくことが必要になります。現状で本業の仕事に手一杯という方の場合、週末起業を始めたとしても思うように時間を割くことができなかったり、無理をしすぎて体調を崩してしまうということもあるでしょう。

そのため、まずは「自分が今どれくらいの時間を週末起業に割くことができるのか」を事前に確認してから、自分が「どのような業種で、どれくらいの時間をかけて週末起業を行うか」を決めるようにしましょう。その際には、自分のプライベートの時間を加味して時間を算出しましょう。
 

できるだけ経費を抑える

「多額の資金が必要ない」「リスクが少ない」という点は、週末起業のメリットです。しかし、より多くの利益を早くから出したいという思いがつのり、初めのうちからお金をかけすぎてしまう方がいます。たくさんの費用を週末起業で使ってしまうと、自分のプライベートに割くお金がなくなってしまったり、思ったように売上が上がらない時に精神的にきつくなってしまうこともあります。

また、全く売上が上がらなければ、ただ損失分だけが残る形となってしまうので、より生活が苦しくなったと感じることになりかねません。そのため、最初の時点ではできるだけお金をかけず、自分の余剰資金でできる範囲の中で週末起業を行いましょう。
 

目標を立てて計画的に行動する

週末起業をすれば簡単に稼げるという噂を聞いて、安易に週末起業を始めるという方もいます。しかし、週末起業はそう簡単に利益を上げることはできません。通常の起業ですら資金繰りがうまくいかなかったり、思ったように顧客を獲得することができずに廃業する方がいる中、週末起業という限られた時間の中で安定した利益を出すことはそう簡単ではありません。

特に女性の場合、結婚や出産という自分の人生の分岐点によって使える時間が大きく変わったり、環境が変わって思ったように働けなくなるということも考えられます。そのため、今の自分の生活だけではなく、今後の人生プランをしっかりと考えた上で、自分がどのように週末起業を行っていくのかを考えることによって、自分らしく長期間続けることができることができます。最初の計画が最も重要となりますので、しっかりと検討してから週末起業を始めましょう。
 

ポイント まとめ

女性の週末起業は危険?リスクと対処方法

フリーランス女性
 

いかがでしたか? 近年、週末起業に対する注目が集まっており、挑戦しようという女性も増えてきています。しかし、リスクが低いと言われている週末起業でも、全くリスクがないわけではありません。そのことをしっかりと理解した上で、自分がどのような人生を送りたいのかをしっかりと考えて、週末起業を始めることをおすすめします。

特に女性の場合、結婚や出産によって、自分の置かれる環境が大きく変わることもありますので、その点も考慮して計画を立てておいた方が良いでしょう。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!