半沢直樹が会社を辞めて独立するなら、どんなビジネスをするだろうか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

半沢直樹とは、小説、ドラマの主人公です。テレビドラマでも高視聴率を維持し、決めセリフ「倍返しだ!」は流行語にもなりました。

半沢直樹がこれほど注目された理由は「強烈な個性」です。過酷な環境下で逞しく生きる姿は視聴者に感動を与えました。私も全話録画して、何度も観てドキドキワクワクしていました。大好きなドラマです。

テレビ離れが進行しているといわれる中、25%超という高視聴率をたたき出し、社会現象まで巻き起こした「半沢直樹」。

東洋経済オンライン「日本人が「半沢直樹」をDNAレベルで好きな理由」 より引用

 
今回は、半沢直樹が独立するならどのような職業に就くのか、そして、半沢直樹に似た性格の人はどのような起業に向いているのかをお話しします。
 

ポイント 半沢直樹とはどんな人か?

半沢直樹が会社を辞めて独立するなら

東京中央銀行
 

半沢直樹は正義感のある銀行員です。彼は復讐心から、父親を自殺に追い込んだ銀行に敢えて入社します。勝手な深読みですが、銀行が弱い立場の人を追い詰めるのではなく、もっと正義ある銀行に生まれ変わらせたいという強い思いからなのでしょう。

半沢が働く銀行では、さまざまな問題が勃発します。ドラマを観ながら「どうして平穏な時がないの?」と思ってしまう(笑)くらい、困難が次から次へと襲い掛かります。それでも彼は這い上がってきます。このメンタルの強さ・・・何だかんだ言っても身分保障された大企業正社員だからこそできるという見方もありますが、彼の一つの魅力です。

半沢の魅力は、ただ心がきれいなだけではなく、悪に対して強い態度で臨むところでしょう。「本当はこうありたい」という私たちの中にある人間らしい部分がキュンキュンしてしまう・・・。それが、これほどまでの人気になった理由の一つだと思います。

半沢直樹には、花ちゃんという奥さんがいます。半沢直樹が困ったときには寄り添い、時にお尻を叩いて応援してくれる存在です。銀行では強気の半沢直樹も、花ちゃんには頭が上がらないようです。彼女が作る料理のアップ画や家庭内のちょっとした会話シーンも、ドラマでは重要な息抜き、アクセントになっています。
 

ポイント 半沢直樹が独立するならこんな職業

半沢直樹が銀行を辞めたら!?

東京中央銀行
 

半沢直樹は、ドラマの中では銀行(または関連会社)で働き続けています。ですが、彼のような強い個性があれば、独立しても成功するのではないかとも思います。ここからは、もしも半沢直樹が独立するとしたら「こんな職業が良いのでは?」について、勝手に語ってみたいと思います。
 

倍返しの根性をいかす「ジャーナリスト」

半沢直樹といえば「倍返し」というキーワードです。「倍返し」は、半沢直樹が先制パンチを食らった時、敵に対して言い返した言葉です。インパクトは相当なもので、日本中のサラリーマンがテレビに釘付けになるシーン連発でしたね。ちなみに、私が台湾旅行に行った時、お土産屋さんの店員さんに「以牙還牙・・・加倍奉還(ジャーベイフェンホァン)!」と言ったら大爆笑でした。

ただ単に「許さない」ではなく「倍返し」という言葉には、より強い意志を感じます。これほどまでに強い根性と精神力を持っている人ならば「ジャーナリスト」として独立できるかもしれません。

「ジャーナリスト」とは、報道に関係した職業です。事実を正確に伝えるだけでなく、自分なりの視点と意見を持つ必要があります。ジャーナリストの中には、新聞社やテレビ局の社員として働く人もいますが、どこの組織にも所属せずに自由に活動する独立起業したフリージャーナリストもたくさんいます。日本ではフリーランスのジャーナリストというと「よくわからない職業」「新聞記者と同じ職業」と思われるかもしれませんが、外国では、ジャーナリストの地位はとても高く評価されています。

ちなみに、特定のジャンルに詳しいジャーナリストは強いです。ジャーナリストになるためには、資格取得の必要はありませんが、その道の経験や専門性が重要です。
 
 

忍耐力と正義感をいかす「探偵業」

半沢は、銀行員という安定した職業に就きながらも、安定にこだわることなく自分の信念を貫きます。彼のような忍耐力と正義感かあれば「探偵業」で独立起業することも可能でしょう。

「探偵」とは、依頼者の依頼内容に従って事実関係を調査し、報告するまでが仕事です。同じパターンを繰り返す仕事ではなく、依頼内容ごとに調査方法や手段を考えなければなりません。半沢は、銀行員として働きながらも、様々な困難に立ち向かいます。探偵業に求められる力は、まさにこの乗り越える力です。

探偵に依頼される仕事の多くは民事です。事件や事故は警察が介入するので探偵の出番はありません。素行調査や所在調査、いじめや信用調査は、警察の民事不介入の原則で探偵に依頼が来ることが多くなります。

ちなみに、探偵として独立起業するために資格は必要ありません。移動や待機することが多いため自動車の運転免許があると便利ですね。また、法律知識があると可動範囲の線引きができるようになり、何かと重宝するでしょう。
 

探偵
 

愛する妻とゆっくり生活「養蜂家」

半沢直樹のもう一つの魅力は、花ちゃん(奥さん)と仲がいいことです。恋人同士のような一面も垣間見え、うらやましい限り。たかひろ君というお子さんがいること、ご存じでしたか!?(参考:Business Journal「『半沢直樹』夫婦の息子はなぜ消えたのか?13年版と20年版の間に生じた“時間の歪み”」

厳しい生存競争で疲れてしまったら、花ちゃんとのんびり「養蜂家」として独立しても良いかも!?「養蜂家」とは、蜂蜜をとる職業です。現在の日本には約5,000人の養蜂家がいます。蜂蜜を求めて移動する移動養蜂家と養蜂場で蜂蜜をとる定置養蜂家がいます。近年は定置養蜂家が殆どです。

「養蜂家」は自然が相手の仕事です。もちろん、簡単な仕事ではありません。ですが、半沢がいる世界のような足の引っ張り合いからは、距離を置くことができるでしょう。養蜂場の土地やミツバチ、巣箱、遠心分離機などの初期投資が必要ですが、自然の中で家族経営で、組織に疲れ果てた心を回復させながら、穏やかに働けることでしょう。
 

ポイント 半沢直樹のような性格の人に向いているビジネスとは?

半沢直樹が銀行を辞めたら!?

半沢直樹
 

半沢直樹のような性格の人に向いている職業は2種類あると思います。

ひとつは、正義感や忍耐力をいかした職業。もうひとつは、精神的に疲れない職業です。正義を貫くか、離れるか、の選択ですが、私の個人的意見では、離れて気楽になるのもひとつの選択だと思います。私も会社員時代には戦いました(笑)が、何も残りませんでした。

会社員の立場で活かしてきた強い個性をそのまま使うも良し、逆に、解き放たれて楽になるのも良しです。大切なことは「続けること」です。組織で働くよりも独立した方が幸せが続く人もいますし、逆の人もいるでしょう。自分と家族を大切にすること。そこを守っていきましょう。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!