セミナーの領収書の書き方は?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

セミナーの領収証について、私は個人事業主ではありません(開業届を出していない)ので、発行主を屋号にできず、個人名にすると後々問題をきたさないだろうかと考えております。

何か良い案がありましたら教えて頂けないでしょうか?

また、受講者が後に税務署に計上する際に「セミナー代として」という但し書きでお困りになることはないでしょうか?

適切な表現がありましたら教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

ご本名で領収書を発行して大丈夫です。

「セミナー代として」という但し書きで特に困らないと思います。「研修費として」でもよいですね。

参加費が5万円を超える場合、印紙を貼ってください。(クレジットの場合は不要)


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!