英語教育で起業したいと考えていますが、何をするか迷っているのに進めても大丈夫?

● 質問

英語教育で起業したいと考えており、現在そのために準備を進めています。
英語を教える塾をやるか、家庭教師や通信教育を軸にしていくか、迷っています。

このような状態で起業に進んで良いのでしょうか?
英語の授業で成功した人は、新井さんの周りにいますでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

英語は今もこれからも習得が必要な言語ですし、当面の間は教育熱は衰えることはないでしょう。

AIが進化すれば、言葉の壁は世界からなくなる可能性も高いですが、それでも自分の言葉で喋りたいと思う人は多いですし、ビジネスのシーンで英語が必要になる場面もたくさんありますし、観光旅行に行った際も英語で少しコミュニケーションをとりたいと考える女性もたくさんいるでしょう。

小学校で英語の授業が始まったという変化があり、将来的には英語が話せる人の割合が圧倒的に多くなる可能性もありますが、日本の英語教育ではその辺もどうなるのかはよく分からないですね。

というわけで、ある意味で、究極の自己啓発でもありますし、東京オリンピックに向けて良いコンテンツであり、基本的にはよいビジネスネタだと思います。
 

ですが、英会話の宿となると、今ではオンライン英会話などもあり、固定費をかけて行う塾がどれほどの収益性を維持できるのかは考えどころです。
個人でやる場合、なるべく、固定費をかけないようにすることが大切です。

また、講師はネイティブスピーカーであることが求められるケースも多いと思います。
受験英語に絞るのか、 ビジネス英語なのか、 英会話の専門塾なのか、内容によっても必要となる人材や設備は変わってきますね。

どのような人を対象にするかで戦略は大きく変わってきます。
東京オリンピックに向けて外国人と交流したい日本人を対象とするのか、ビジネスでどうしても英語をすぐに習得しなければいけない人を対象にするのか、会社で TOEIC の点数をあげなければいけない人を対象とするのか、子供の英会話力を高めたいのか、色々な対処が考えられそれぞれ必要とする英語教育の内容は変わってくると思います。

質問者様が楽しんで授業を続けていくことができる分野に絞り込んで、まずは先に申しましたように地域密着型で取り組んでみてください。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!