手作り品のネット販売の場合の特定商取引に関する法律やPL法について教えてください。

● 質問

手作りでオーガニックのシャンプーや石鹸を作り、販売したいと思います。
ホームページで売る場合、やはり、住所などを開示しないといけないのでしょうか?
また、PL法は関係してきますでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

住所の開示というと、特定商取引法の表記のことですね。
前提として、ホームページを利用してビジネスをする場合、「特定商取引に関する法律」に基づき、本名や住所、販売価格など取引に関わる条件を、ホームページ上に表示しなければなりません。
 

● 質問いつもメール相談に適切に回答頂き、大変感謝をしております。今回は、「特定商取引法」の質問です。「特定商取引法に基づく表記」の中で、住所や電話番号を公開...

● 質問現在、アドバイスに沿ってネットショップ制作を進めています。特定商取引法に基づく表記について教えてください。副業禁止のため、どうしてもネット上に名前を出...

 

確かに、販売者の立場で、特に副業である場合には、このような情報は出したくないという気持ちになりますが、消費者側に回れば、このような情報のないサイトは怖くて利用できません。

ただ、例外規定もあり、ざっくり言えば、訊かれたらすぐに答えられる仕組みがあれば、一部の表記をしなくても大丈夫ということになっています。
ですが、繰り返しになりますが、住所や名前を隠している人に、お金を振り込むのは怖いものですし、現実的ではないでしょう。

手作りで小ロット生産なのでしたら、ホームページからは直接受注せず、一度資料を送る(PDFカタログ的なもの)ようにして、そこから選んで発注してもらうようにすれば、その資料に住所や名前を書いておくことで対応することができます。

PL法については、下記のサイトが参考になります。
https://pl110.net/what.html
https://hoken.jcci.or.jp/pl

基本的には日本で生産したものが消費者に害を与えた時に補償するもので、輸入品の場合には輸入者が日本での生産者扱いになります。

上述ように、商工会議所の提供する保険や、民間保険会社の保険もあり、売上が小さいうちは負担も大きいですが、保険やさんに相談してみると良いと思います。
 

● 質問特定商取引法に基づく表記について質問です。私はお客様のお顔や、書いていただいた絵の画像を送っていただき、占いに似たようなアドバイスを行うことを想定して...

 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!