つぶれそうな酒屋を再生させたいのですが

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

家業を継ぐために、田舎(博多)に戻りました。

起業18で引き続き、ビジネスを学びたいと思いますので、宜しくお願い致します。

実家は酒屋と菓子店を営んでいます。完全な個人商店で、つぶれる寸前です。お酒を卸している飲食店は減る一方で、お菓子を買いに来るのは地元のお年寄りたちで、数百円も買っていきません。

そんな状況で、今後の販路開拓、戦略の立案を行いたいのですが、アドバイスいただけますか?
 

起業前質問集
 

● 回答

家業を継ぐご決断、大変素晴らしいと思います。地元のお酒はもちろん、実家で作るお菓子への愛着、仕事への情熱、お客様への感謝と愛情、これらが揃っていれば、きっと繁栄させることができるはずです。

これからも頑張っていただけますことを期待しています!

現在の状況が分からないところが多いので、具体的なアドバイスが難しいのですが、まずは「今の業態のまま昔のように業績を回復させよう」という発想を捨てることから始めてください。酒屋や単純な菓子店からの脱却、新しい業態との組み合わせなどを視野に入れることになると思います。
 

酒屋
 

まずは基本的な部分を押さえ、通販やデリバリー、新メニューなどの開発から行いましょう。これは今、ご相談者様がお考えのことを進めていきましょう。

数年前までタピオカがブームになっていましたが、次に何かブームが来た時に乗っかってみるのも良いでしょうし、インスタ映え、TikTokなどでの露出を狙うことは当然として、最低限、ホームページを作るくらいはしておきましょう。

ちなみに、タピオカの次に来ると予測されるのは「バナナジュース」や「レモネード」なのだそうです。
 

酒屋
 

菓子店なら、たとえばグルテンフリーのガトーショコラ一本で勝負している、ケンズカフェ東京のようなコンセプトで、マスコミ露出を狙うなども戦略として面白そうです。お酒とお菓子の組み合わせで、話題作りをすることができないでしょうか?

接客なども、家族経営ですと適当なお店も多いので、迅速で丁寧な対応を心がけるなど、ネット上の評価が高まるようにしていきましょう。お店の繁栄には、一人でも多くの女性のお客様にリーチすることが大切だと考えると、地味ですが、クチコミ、Instagramなどで拡散するお客様の声は馬鹿にできません。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全10冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!