起業準備が進まないのは正しいノウハウを学んでいないから

今回は起業準備の第2ステップである、ビジネスモデルの作り方のお話です。このステージに来る前に「自分は何をしたいんだろう・・・」というモヤモヤをお持ちの方は、こちらの記事「やりたいことが分からない人は、こうすればいい。」をご覧ください。
 

決断
 

そもそも「ビジネスモデル」とはどういうことなのか?をご説明します。世に出ている様々な書籍では、とても難しく表現されていますが、ようするにシンプルに言い表すと、それは「誰をどうするのか」や「誰がどうなるのか」ということです。あなたの商品を買うことによって「誰」が「どのような価値を得られるのか」ということです。

最初に上記のシンプルな一文を定義した後、それを修正していきます。そこに起業18のノウハウがあります。そもそも人が得たい価値というものは決まっているため、何でも勝手に「これは価値だ」と言っても、ただの独りよがりになってしまうので、正しい価値を選択して提供する必要があるのです。 時間を短縮するためにも、このノウハウの学習は外せません。起業18会員限定の動画セミナーでしっかりと学んでください。
 

ポイント まず何を、次に誰をお客様にしたいのか? を決める

「マーケティングは最初に顧客ありき」ということを教える起業塾もあります。しかし、その考え方は、「起業準備」においては間違っています。初めてビジネスを起こすときは、まず「商品ありき」です。それがなぜなのかは、起業18に入って成功している人を見ればわかります。微妙な差なのですが、まずは商品からです。

次に「誰」を明確にしていきます。この誰の決め方にもノウハウがあります。ただ決めてもダメです。そして、次が「どうする」の価値提供部分ですが、ここも前述のように、人が求めている価値の種類は決まっているため、何でも勝手に決めては成功できないのです。
 

ポイント 調べてほしいことはコレ

起業準備は考えていても何も進みません。調べて動くことが大切です。商品を決める、そして、誰に売りたいのかを決める、そして次に、そのお客様の持つ悩みの研究を深め、商品を改良する。その行動をさっさと始めましょう。とりあえず、自分がお客さんにしたい人の悩みは何なのか? をしっかりと洗い出してください。ビジネスはお客様の悩みをしっかり知り、掴んでいくことから始まります。

但し、間違えてはいけないのは、「それが分かってから動く」のではダメだということです。そんなスピード感では遅すぎます。まずは、商品を作り、人に当てていきます。そして、リアクションを得ない限り、本当のお客様の想いや悩みなどわからないのです。
 

ポイント 競合を調べるならここを見て

ビジネスでは、競合リサーチが必須です。何のためにやるのか? と言えば・・・、真似するためです。競合リサーチと聞くと、マーケット調査専門の会社にお金を払って頼むようなイメージになりますが、しかし、実際はそうではありません。自分自身でできるシンプルなやり方があります。そのやり方とは?

まず、あなたが決めたビジネスアイディアを、GoogleやYahoo!で検索してみてください。競合他社のホームページが出てくるかと思います。そして、その人のやっているビジネスをチェックしましょう。商品、ターゲット、ビジネスモデル、プロモーション、理念、会社の規模、、そのくらいで十分です。そして、一覧表を作って、3社ほどの情報をまとめましょう。そして、それぞれの会社が何において一番を目指しているのかを分析します。そこを正面から勝負を挑むか、ちょっとかわすか、そこを判断しながら自分のビジネスを真似して作っていくようにしてください。
 

ポイント 考えていないで手を動かそう

今回お伝えしたかったことは、「考えていないで手を動かそう!」ということです。パソコンの前でできる作業ですから、どんどんやればいいだけです。実際、この3日で2件、「注文がもらえた!」という感動のメールを会員さんからいただきました。その人たちに共通していたことは、「動いていた」ということにつきます。

起業の準備は、基本的にはパソコンの前でできる作業がほとんどです。朝晩30分、ここをどのくらいしっかりやるかによって未来が変わってきます。「商品と価値」「お客様の悩み」「競合のチェック」どれも難しそうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。ノウハウを知らないために、独りよがりのビジネスを発想してしまったり、何をやったらよいのかがまとまらないのです。

起業18で学べば、簡単です!
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!