確定申告で会社に副業がばれないようにしたいのですが、方法を教えてください。

● 質問

現在、本業の会社からのお給料の他に、おかげさまで約300万円の収入があります。
確定申告で会社に副業がばれないようにしたいのですが、方法を教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

確定申告が原因となり会社に副業がバレてしまうケースは、殆どが住民税の支払い方法の選択ミスにより起こります。

会社は年末調整後に、市区町村に給与支払報告書を提出します。
市区町村は、これに基づき税額を計算し会社に通知し、会社はこの通知に従って、毎月のお給料から住民税を天引きすることになります。

その金額が増えていると、経理担当者が「あれ?なんで?」となり、副業に気づかれるケースがあるということです。

それを回避するためには、確定申告の際に「普通徴収」を選択してください。
これは確定申告書を見ていただくのが一番わかり易いですが、チェックマークを入れておくだけです。

ここで「特別徴収」にチェックをすると、市区町村は副業で発生した住民税を本業の会社に通知し、会社がお給料から天引きすることになります。
つまり特別徴収の意味は、「この人は会社のお給与以外の副業からも住民税が発生しますので、本業分の住民税と合算して天引きしてくださいね」と会社に通知して、会社が住民税を徴収するということになります。

ですので、本業の会社に副業を知られないようにするためには、「普通徴収」を選択しましょう。
そうすれば、本業の給与分の住民税は天引き、副業分の住民税は別途納付となり、自宅宛に納付書が送られてきます。
会社には通知が行きません。

ですが、何事も絶対にということはなく、滅多にないことですが、役所がミスをすることだってゼロとは言えません。
ですので、何度も確認するようにすることと、最悪会社に知られてしまった時に慌てず対処できるようにイメージだけはしておきましょう。
 

実は、この記事を書いている私も、会社に週末起業(副業)がバレた経験があります。取引先が会社トップに対し密告したことが直接の原因、その前にもちろん、私が週末起...

 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!