豊島区での起業が東京23区で最もお得でおすすめな理由

東京都で起業する場合、起業者は、国や東京都および各自治体が用意する創業支援メニューを受けることができます。
特に、各自治体が用意する創業支援メニューは、それぞれ特徴があります。
もちろん、起業する場合は、ターゲットとする顧客が多い地域を選ぶことが原則です。
 

豊島区
 

しかし、各自治体の創業支援メニューを比較し、自分にとって活用できるメニューが多い場所を開業地として検討することも大切なポイントです。
 

ポイント 特定創業支援等事業ってなに?

豊島区での起業が東京23区で最もお得でおすすめな理由

セミナー
 

特定創業支援事業とは、各自治体が取り揃えた色々な創業支援事業のうち、国の「産業競争力強化法」に基づいて認定を受けたものです。
創業セミナーや創業相談員のハンズオン支援などにより、創業に必要な経営・財務・人材育成・販路開拓の知識を学ぶことができます。
創業者は、特定創業支援事業を受けたことの証明書を各自治体に発行してもらうことで、さまざまな優遇策・支援策を受けることができます。
 

特定創業支援事業の内容(豊島区)

豊島区の特定創業支援事業は、としまビジサポのビジネス専門相談員によるハンズオン支援(無料でにビジネスに関する個別相談)です。
ハンズオン支援は、起業に必要な4つのスキルを、1か月以上、4回以上(4つのスキルの最低1回)にわたって受けることになります。
 

  • 経営:経営理念の構築収支計画など
  • 財務:個人・法人の違い、税金の種類など
  • 労務:雇用前の基礎知識、社会保険など
  • 販路開拓:ブランディング、情報発信など

 

創業者に嬉しい優遇措置

創業者は、特定創業支援事業を受けると、さまざまな優遇策・支援策を受けることができます。
特定創業支援事業は国の事業ですので、豊島区でもほかの23区と同じように次のような国や東京都の優遇措置を受けることができます。
 

  • 法人設立時の登録免許税が半額:
    法人設立(または法人化)の際に納める税金「登録免許税」が半額
  • 新創業融資(日本政策金融公庫)の融資要件:
    日本政策金融公庫の「新創業融資」を利用する場合の、自己資金要件が免除
  • 新規開業支援資金(日本政策金融公庫)の貸付利率の引き下げ:
    日本政策金融公庫の「新規開業支援資金」について、貸付利率の引き下げ対象として同資金を利用可能
  • 東京都の創業融資の金利が優遇:
    東京都の創業融資について、特例措置として金利が0.4%優遇
  • 創業関連保証の申込要件が緩和:
    創業関連保証枠を利用した融資について、通常なら事業開始2ヵ月前から申込みのところ、前倒しして6ヵ月前から申込みが可能
  • 国や東京都が行う補助金・助成事業の申請資格要件などにすることができる:
    東京都中小企業振興公社が取り扱う「創業助成事業」を申請するための資格要件

 

ポイント 制度融資って何?

豊島区での起業が東京23区で最もお得でおすすめな理由

握手するビジネスマン
 

制度融資とは、各地方自治体が信用保証協会や地域金融機関などと連携して、中小企業の資金調達などを支援するための制度です。
東京都の場合、東京都の制度融資と23区それぞれの制度融資があります。
特に、創業者の支援は各自治体が力をいれており、利子補給や信用保証料の補助などの手厚い支援を行っています。

豊島区での制度融資は以下のように進んでいきます。
 

  1. 必要書類を取り揃え、あっせんの申込み
  2. 審査のうえ、紹介状を発行
  3. 取扱金融機関へ融資の申込み
  4. 金融機関が審査後信用保証協会へ保証の申込み
  5. 信用保証協会で、信用保証の審査および決定
  6. 取扱金融機関による融資の実行
  7. 金融機関より区へ審査結果の連絡
  8. 区が金融機関を介し、利子補給

 

豊島区起業資金融資の条件

豊島区の制度融資の条件は次のとおりです。
豊島区では金利を全額負担していますので、創業者の金利負担はゼロととても魅力的になっています。
保証料の補助はありませんが、東京都および豊島区の要件を満たす場合は、都の信用保証料補助(2分の1)を利用できる可能性があります。
 

融資上限額 返済期間 据置期間※ 固定金利 利子補給 保証料補助
1,500万円 84ケ月 6ケ月 1.6% 1.6% 無し

 

※据置期間とは、元本を返済せず利子だけ返済する期間をいいます。
 

ポイント 豊島区が用意する主な創業支援メニュー

豊島区での起業が東京23区で最もお得でおすすめな理由

助成金
 

豊島区では、創業者向けに、創業を総合的にサポートする、としまスタビズ(としまスタートアップビジネス)メニューを提供しています。
豊島区で起業を予定する方は、無料で、次のような創業支援メニューをうけることができます。
 

補助金や助成金

創業者にとって補助金や助成金は、返済が不要ですので、有力な資金調達手段です。
豊島区の補助金・助成金以外にも、国の小規模事業者持続化補助金や東京都の創業助成事業などさまざまな補助金・助成金が用意されています。
年度毎に要件や条件が変わりますので、補助金・助成金情報のアンテナを高くし、積極的にチャレンジする姿勢が大切です。
豊島区は助成金ですので、原則として申請すれば補助を受けることができます。
しかし、申請者多数の場合は、申請受付期間中でも申込を打ち切られる場合がありますので注意が必要です。
 

見本市など出展支援
 

助対象事業 自社の製品や技術などを広く紹介するための見本市、展示会、博覧会
対象者 1.区内中小企業者
2.区内中小企業者によって組織された団体
補助対象経費 出展小間料
補助金額 ・補助対象経費(税抜)の2分の1以内
・上限10万円(千円未満は切捨て)

 

ホームページ作成支援
 

助対象事業 企業のPRや販路拡大を目的としたホームページ
対象者 1.区内中小企業者
2.区内中小企業者によって組織された団体
3.区内中小企業者となる予定の「起業予定者」
補助対象経費
補助金額 ・補助対象経費(税抜)の2分の1以内
・上限5万円(千円未満は切捨て)

 

専門家派遣支援
 

助対象事業 (公財) 東京都中小企業振興公社の「専門家派遣事業」制度
対象者 1.区内中小企業者
2.区内中小企業者によって組織された団体
3.区内中小企業者となる予定の「起業予定者」
補助対象経費 公社専門家派遣事業を受けるときに必要な経費
補助金額 ・10,000円(公社派遣事業に費用1回当たり11,750円)
・1テーマ(年1回)につき8回まで派遣可能

 

としまスタートアップオフィス

豊島区は、創業者向けにシェアデスクを提供しています。
月額料金1万円で、交通の便がよく、会議室など設備が充実したオフィスを利用することができます。
 

支援事業 としまスタートアップオフィス(シェアデスクなど)
対象者 以下のいずれかに該当し、
オフィス利用終了後も豊区内で事業を行う予定の方
1.開業後3年以内の個人事業主
2.設立後3年以内の会社などの代表者
3.豊島区内で、上記に掲げる開業又は会社などの設立を予定している
設備・インフラ シェアデスク、メールボックス/ロッカー、会議室、商談室
交流コーナー、作業スペース、複合機、ネット回線など
料金 1万円/月額

 

ポイント 豊島区には充実した企業支援がある

豊島区での起業が東京23区で最もお得でおすすめな理由

背中を押す
 

豊島区では、女性起業家支援やセミナー・勉強会のイベントなどほかにもさまざまな創業支援メニューがあります。
豊島区以外でも検索サイトで「○○区 創業支援」で検索すると東京23区の創業支援メニューを確認することができます。
起業を成功させるためには、基本的な経営ノウハウを身に付けることや困ったときに相談に乗ってくれるネットワークをキープすることが大切です。
豊島区のようにメニューが充実している地域で創業支援メニューを活用することをお勧めします。
 



アイデア

初めての方へ:起業18フォーラムとは?

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!