大学生のうちから起業準備をするとしたら、まずはこれから

起業18の新井です。起業18には、20代後半から40代前半までを中心に、夢を持つ女性、男性がたくさん集まってこられますが、最近は、学生さんも参加されるようになってきています。
 

大学生
 

残念な現実として、個人的な意見を敢えて述べられるとしたら、日本の大学は「就職のための資格を得る場所」であり、起業家向けのものではありません。日本の大学は、経営学を学ぶ場所ではないのです。それでも、中には頑張っている学生さんもいますから、学校としての仕組はともかくとして、個人次第というところなのだとは思います。
 

ポイント 近くにある若者の会社を眺めてみると・・・

大学生のうちから起業の準備をするとしたら、まずはこれから

起業アイデアを出す女性
 

弊社の池袋ミーティングルームの近くに入居されている会社さんも、若い人が、毎日のように深夜3時、4時でも、元気に仕事をしています。ちょっと怖いくらいです。仕事の中身は正直、よく知らないのですが、毎日のように学生さんのような、20代の前半くらいのような方々と面談をして、「人生を変えよう」「動画が●●時間分あって・・・」みたいなお話をされています。その場で、転売金儲けシステムなどを販売しているようです。

彼らの売る、その商材自体がどのようなモノかは知る由もありませんが、「賢い」と思うことは、彼らは「仕組み」と「コンテンツ」を販売している(っぽい)というところです。

最近、大学生起業などに多い起業ネタとして、IT技術を活かしてのインフラ、WEBサービスなど、開発系で起業しようとする人がいらっしゃいます。LINEやフェイスブックのようなものを目指しているのかもしれませんし、別のものなのかもしれませんが、限られた開発費でどこまでいけるか、、。

かと言って、簡単なアプリ程度の(ちょっとしたプログラマがいれば開発できてしまう)スマホ依存分野のインフラであれば、価格は思うようには高額化できない運命で、さまざまな環境、機種に対応するアプリ自体は無料化しなければならないものなので、学生数名のスモールビジネスでどこまで耐えうるのか、、。

実際、インフラ系までいかずとも、「●●ポータル」というビジネスがよくありますが、これは完全に「早いもの勝ち」そして、「目の付け所」が問われるビジネスです。私の周りでは残念ながら、この手のポータルサイト構築の夢を語っていた人で、成功した人を見たことがありません。屍のようなポータルサイトは、たくさん見ますけどね。。

そう考えると、うちのご近所の会社さんのような、まだ社会経験も少なく、経営経験もないうちには、既存のインフラの組み合わせ活用による仕組化、それを解説するコンテンツといった、身軽な商売に特化したのは、正解だったなと思うのです。
 

ポイント 大学生での起業をおススメする理由

大学生のうちから起業の準備をするとしたら、まずはこれから

大学生の男性
 

まず、大学時代に起業をしようと考えるなら、「入学」から始まっていると言えます。今はインターネットがあるため、資金調達以外の「事業計画」は、すぐにでもスタートすることができるからです。そういう意味では、会社員の方が、3年後には、いつかは、などとよく言うのですが、どれだけ長い時間軸なのだろう・・・と思うこともありますね。

幸い、日本の大学生は海外の学生と比較して、遊ぶ時間がたくさんあるのが一般的ということなので、ビジネスを始めたり、そこまでいかずとも、流行りものやその時代のトレンドを掴める時間がたくさんあるはずです。たとえば、あるSNSの創業者は、早くから「非正規雇用」に注目して、新卒採用が減少した頃から「人材マッチングサイト」の運営を始めています。また、ある東証1部上場の起業家は、大学時代に「法務に関しては求人が少ない」ことに目をつけ、全国の弁護士を分野別にソートして選べ、費用も掲載した登録無料の検索サイトを立ち上げ、やがて有料化することで大きな収益をあげています。

どれも「不景気」を逆手に取り、資格があっても仕事が少ない人や業種に光を当てた結果です。そして、目を付けるのが早かった(一時代前)。同じように、「そもそも料理教室に通う時間もお金もない」主婦層に、レシピのお裾分けという発想から始まったのが、有名なレシピサイトです。当然、ここには広告が入りますので、スポンサー企業も収益を期待できますし、やはり、目の付け所がよかったですね。

こうした社会の大きなトレンドを掴むには、時間にゆとりのある大学4年間は、大きなチャンスですね。就職のために留学するのもよいですが、起業に時間を使う学生がもっとたくさん出てきてもよいはずです。
 

ポイント 大学生など、若くして起業できる人の特徴とは?

大学生のうちから起業の準備をするとしたら、まずはこれから

起業で悩む女性
 

会社というのは、似たような仲間同士で利益を分け合うようでは、家内制手工業と同じですが、異なる知識を集約させる集団であれば、その中で常に最善の運営方法を確保できます。大学時代はたくさんの仲間と団体行動をすることも多くなりますが、一匹狼的な存在であっても、そのような人が取引し合うことで、大きな価値を生み出すことができるのです。

大学時代から起業準備をできる人は、好奇心が人一倍強い人でしょう。既存のシステム、既存の製品の別の側面を引き出せる人。同じ製造過程で全く別の製品を作り出すなどの、自由な発想ができる人ですね。起業できる大学生とは、常に「これは面白そう」ということに敏感な人材だと思います。

ポイント 大学で準備できること

大学生のうちから起業の準備をするとしたら、まずはこれから

大学
 

経営とは、数字上の結果でしかありません。職人が手工業で製品を作っても、その良し悪しは販売実績によってでしか判断されません。それが、文化と現実の経営の違いです。生産数はどうであれ、他に代替えできる手段が無ければ価格を上げることができ、良い品と評価され、経営も安定します。

つまりは世の中の流れを読み解くこと、他にない商品・サービスを生み出す嗅覚こそが、求められるということです。「起業=経理・会計・税金を学ぶこと」と考えている人は意外と多いのですが、それは「経営」であって、起業ではありません。起業というのは、事業を起こす最初の一歩のことです。

経営については、実際に経営をしながら、財務諸表とにらめっこをし、人間関係に揉まれ、新商品が売れないという経験を乗り越えながら、身につけていく必要あるでしょう。そうして「将来性」を見抜く力を養っていけば、卒業するころには素晴らしい起業家、経営者として、社会に出ることができるでしょう。
 

ポイント まとめ

大学生のうちから起業の準備をするとしたら、まずはこれから

大学
 

大学時代に起業準備をしたいのならば、まずはたくさんのことに興味を持つことです。遊び、恋愛、スポーツ、旅行、留学、やりたいことはたくさんあるはずです。それをどんどんやればいい。ただ、単なる消費者として、お金をケチりながらやるのではなく、生産者に回ったら、自分ならどうするのか? より価値を高め、自分にお金が残るようにするにはどうするのか? そんなことを考えながら行動するだけでも、全く違う未来が生まれてきます。

そしてこれらの発想を活かし、実際に、学生仲間相手でもよいので、小さなお小遣い稼ぎからでもスタートしてみればよいと思います。大学時代から、型に捉われない、レールに乗る人生を否定し、失敗を恐れない強い人間になっておくことは、若くして起業するには必要不可欠なことです。

今の大学では、そんなことを学べるでしょうか? そんな体験をできるでしょうか? だからといって、環境のせいにせず、自分で未来を切り拓ける人材こそ、起業できる人でしょうね。



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!