個人事業主の名簿(リスト)はどこで手に入るのでしょうか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

自分にとって簡単なところから、まずは、経理代行で起業する予定です。

集客はDMを考えていますが、小さな会社、個人事業主を顧客にしたく思っており、このような人の名簿(リスト)はどこで手に入るのでしょうか?

昔なら電話帳がありましたが、今はホームページを見ていくのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

経理代行の見込み客を集めたいということですよね。青色申告会、商工会議所にたくさんいそうな人たちです。

価格競争になりがちなビジネスですが、まずはそのような身近なコミュニティに参加するなりして、実績を作ること頃から始めましょう。DMを送っても反応は鈍いと思います。

まずはホームページを準備し、小冊子のようなプレゼントを準備、そして、広告出稿をしながら名刺をもってコミュニティに出入り。地道ですが、それからじゃないでしょうか。
 

起業
 

無料の小冊子を配りつつ、資料をお送りしたり、紹介をしてもらったりしていくわけですが、経理代行は価格競争も激しいですので、税理士事務所との差別化も考えておきましょう。

クライアントからすれば、自社、場合によっては個人の財布も開示することになるので、如何に信頼できる相手かどうかが問われます。そこが国家資格である税理士の強みです。

質問者様は国家資格をお持ちでしょうか? もしお持ちでない場合、やはり最初は価格や、個人的なつながりがモノを言うでしょう。

大変だとは思いますが、税理士と組むなどの方法もあり得ます。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!