まずブログからという方向性で正しいですか?

● 質問

私はアジア株をやっています。
そのノウハウを専門家を招いたセミナーなどで売っていきたいと思っています。

私自身は特に大きく儲けた経験もなく、好きでやっているだけなので自分のためにもなると目論んでいます。

まずはブログやメルマガで情報発信をすることを考えていますが、知識がないため他の人のブログのリライトなどが中心になりますが、問題ありますか?
専門家の著書の引用だけのブログで問題ありますか?
自分の言葉に書き換えてしまえば問題ないのでしょうか?

また、まずブログからというこの方向性で正しいですか?
 

起業前質問集
 

● 回答

海外の株は興味を持っている人も多いですし、確かに勉強にもなりますね。

まず引用の定義を以下の記事をご確認ください。
 

● 質問読むと運が良くなるメルマガを発行したいと考えています。その中で、いろいろな人の本から言葉を抜き出して紹介したいのですが、著作権上問題はありませんか? ...

 

これらの要件が満たされていれば、専門家の著書の内容をそのまま載せても問題ありません。
※むしろ、そのまま載せなくてはいけません。

ですが、引用だけのブログはNGとお考えください。
主従関係と言って、自分の書いた記事がメインである必要があります。
メインとは、文字量と考えていただいて良いと思います。

アジア株の情報もネット上にはたくさんあります。
「国名+株」で検索すると山ほど出てきますね。

狙う読者は初心者ということになると思いますが、そうなりますと情報量が非常に多いため競争もし烈になります。
ブログでの発信も大切ですが、ブログ自体は経験談(結果発表)などに特化し、一般論で検索需要を狙うのは諦めた方が得策です。
早めにセミナー(リアルの勉強会)を中心に組み立てた方が、モチベーションが維持できるでしょう。

質問者様が素人であることをアピールし、初心者が気楽に参加できる勉強会として(もちろん講師はプロが必要ですが)、情報交換ができるコミュニティを育てた方がうまくいくと思います。
その活動記録を、ブログで発信していきましょう。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!