ネットショップ物販で起業するので、売れる商品を教えてください!

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

楽に稼げる方法はないかと色々考えた結果、ネットショップからの物販で起業したいと思います。商品のアイデアはありません。

どのような商品が良いのか、選定方法や儲かる商品があれば教えてください。

また、商品知識などが必要ないものが理想なのですが、欧州の雑貨やアジアの雑貨はどうでしょうか? お勧めのモノは何か?

売れそうな国の雑貨があれば教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

まず、ネットショップで起業するにあたり、考えなければならないことがあります。それは、資金繰り(在庫など)、スペース、作業手間、そして最も大切なのは仕入れです。
 

ポイント ネット物販の資金繰りについて

売れる商品を教えてください

資金
 

まず、資金繰りについてですが、物販の場合、先に仕入れが発生するため、どうしても資金(初期投資)が必要になります。無在庫転売などのグレービジネスも横行していますが、アマゾンや楽天などのショップサイトを利用する場合には、規約で禁止されているのでお勧めしません。

何カ月分の在庫を持つべきなのかは、数カ月売ってみなければわからないところもありますので、最初は、機会損失を気にせず、最小限の発注で済ませましょう。ある程度、売上の推移がわかってきた段階で、まとめて仕入れるようにしましょう。まとめて買う場合には当然、多額の資金が必要になることもありますのでご注意ください。
 

物販
 

また、自宅を倉庫にする場合には、十分な在庫保管スペースも確保する必要があります。先入れ先出しをするためには、単純に段ボールを積み上げるだけではダメです。

取扱品目が多く細くなる場合には、型番管理ができる棚を用意するなど、倉庫管理は非常に重要な作業となります。

作業手間に関しては、会社員のまま仕事をすることになりますので、朝か夜の作業となります。受注処理、入金確認、仕入れ作業、棚入れ、梱包、発送、お礼のメール、クレーム対応、全て一人で行うことになります。それが可能かどうか検証することが大切です。
 

ポイント ネット通販は「仕入れ」が要

売れる商品を教えてください

物販
 

そして仕入れですが、ここが肝心な要になります。ネットショップは、販売することに頭が行きがちですが、実は大切なのは「仕入れ」です。

以下のことを確認しましょう・・・

  • 安く買える
  • 早く買える
  • 独占的に買える

この3のうちの何かがあれば、後は、ショップの信用を確保することができれば、売れるショップになる可能性が高まるでしょう。

上の3つのいずれかに該当するものがあればベストのですが、他に以下のような考え方で商品を選定するやり方もあります。

  • 近所で変えないもの
  • 重くて、大きくて運べないもの
  • 最近、売っていないもの
  • どこで扱っているのかわからないもの
  • 定期的に買うもの
  • 恥ずかしくて買えないもの

利用者のライフスタイルに依存することが多いですが、上のようなものが通販を利用する動機になりやすいですね。
 

ポイント ネットショップ起業の心構え

売れる商品を教えてください

フリーランス
 

ネットショップを成功させる考え方として「不労所得」であるかのような幻想は、捨てた方が良いです。好きなことをやり続けることは夢のように聞こえますが、ネットショップで売れる商品を発掘し続けることは、簡単なことではありません。

ネットショップを利用する人は、Windowショッピングをする人たちと違い、購入意思が高い人たちです。そのような人に、文章と画像だけで商品情報を届けなくてはならないことを考えると、高いレベルの商品知識が必要と言えます。
 

EC
 

売れるモノを売ることがもちろん大切ですが、それだけですと、アマゾンのように価格だけが優先されてしまい、最終的にはメーカー以外は生き残れません。

消費者として商品のユーザー体験を深め、あなたの言葉で商品の魅力を伝えられるようになってこそ、あなたのネットショップは存在価値があるのです。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全10冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!