ビジネス会話に特化した中国語教材の販売を計画しています。

● 質問

商社勤めの経験を活かし、ビジネス会話に特化した中国語教材の販売を計画しています。

自分で教材を完成させることはできないので、知り合いの大学教授に依頼する予定です。
以下、アドバイスいただければと思います。

1.大学教授にいくら払えばいいか?目安はあるのか?

2.教材の音声部分はネイティブの友人に依頼するつもりです。
スタジオや機材はどのようなものを揃えれば良いでしょうか?

3.教材は他社の者参考にしつつ、オリジナルのものを作っています。
著作権が気になるのですが、注意点はありますか?

また、自分の教材がコピーされないためにどうすれば良いでしょうか?
もうひとつ、BGMは著作権はどうなるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

順番にお答えしますね。

> 1.大学教授にいくら払えばいいか?目安はあるのか?

相場は特にないというのが本当のところです。
先生の立場や関わる度合いによっても異なりますからね。

身の丈に合った金額で、誠意を示せばよいのではないでしょうか?
私の周りの人も、教材作成を依頼されて受け取った金額には、5万円~50万円と幅があります。
 

> 2.教材の音声部分はネイティブの友人に依頼するつもりです。
> スタジオや機材はどのようなものを揃えれば良いか?

これも身の丈に合った金額を投資すれば十分でしょう。
iPhoneとちょっとしたマイクがあればとりあえずは大丈夫でしょう。

スタジオを借りても良いですし、静かな場所があるのなら自宅でも良いでしょう。
完璧を目指すならお金を払って、専門の企業に頼めば良いのですが、全ては予算次第です。
 

> 3.教材は他社の者参考にしつつ、オリジナルのものを作っています。
> 著作権が気になるのですが、注意点はありますか?

オリジナルのものであれば問題ありません。
著作物自体は特に登録の必要はありません。

商品名を守りたいということでしたら、商標登録をしてみましょう。
 

> また、自分の教材がコピーされないためにどうすれば良いでしょうか?
> もうひとつ、BGMは著作権はどうなるのでしょうか?

オリジナルの教材には、そもそも著作権が発生していますので、コピーを見つけたら相手側に連絡するなど対応しましょう。
大抵の場合には、すぐに止めてくれるはずです。

BGMはもちろん著作権がありますので、使用料が発生します。
著作権フリー、商用利用可の音源もたくさんありますので、そういうものを利用するか、きちんと購入して使いましょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!