ネットショップの検索からの流入を増やすには?

● 質問

新井さん、おはようございます。

起業18への入会から1年が経ち、おかげさまで、起業など全くイメージできていなかった私も、月商50万円のオンラインショップを持てるまでに成長させていただきました。
改めて感謝申し上げます。

もちろん、ここで満足しているわけではなく、今年中に月商100万円を超えるために、これからも頑張っていきます。
引き続きご指導よろしくお願いします。

ところで、現在、その目標を目指すにおいて、自社サイト(ショップ)のアクセスアップが一番の課題になっています。
私は新井さんもご存知の通り、ヤフーショッピング、Amazonや楽天などのショップも同時に運営しており、自社サイトに誘導するフロントサイトとして活用しています。

もちろん、メルマガを発行したりして、新井さんがいつもおっしゃる「フロントエンドにお客が来ていれば心配いらない」という状況を崩さないように行動しており、そこは手を抜いたりすることはありません。
現在の私の課題は、自社サイトを如何に検索で上位表示させるかということだと考えています。

今はフロントサイトから誘導できているので問題はないのですが、いつまで続くかわかりませんし、正直、手間もかかります。
直接自社サイトに検索から来てくれる人が増えるほど利益率が高まることもまた事実であり、もう少し、直接流入の割合を上げていきたいと考えています。

自社サイトは、WordPressで作成しており、SEO対策をする上で問題のない環境であると思います。
具体的にどのような施策を施すべきでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

ご相談ありがとうございます。
また、売上も順調に成長しているとのこと、ご報告本当にありがとうございます!
とても嬉しく思います。

是非、年内100万円超えを目指してください^^
 

さて、自社サイト(ネットショップ)を拝見させていただきました。
非常によくできているのではないかと思います。

あえて改善するとすれば、SEOという点で関して言えば、
 

1.URLを短くする

ドメインは仕方がないとして、ドメイン下の部分ですね。
今現在、商品名などがURLで日本語化されているところがあり 記号の羅列が長くなり、綺麗ではない形になっています。

WordPressのプラグインを使えば、URLを自分で修正することができるものがいくつかあります。
検索から来る人も少なく、他のメディアからのリンクもない今ならまだ間に合うと思いますので、プラグインを導入してシンプルなURLに変えておきましょう。

SNSで紹介したりするときにも、シンプルでやり易いですよ。

尚、プラグインを導入する際は、必ずデータベースのバックアップを取っていただき、候補になったプラグインで最もインストール実績のあるものから試していきましょう。
プラグインは、たまに他のプラグインに影響を与え、サイトが不安定になり、動かなくなったりすることがあります。
 

2.階層を浅くする

また、URL内に、「?」や「&」などの動的パラメーターがないように、ハイフンなどでつないで、可能であるならば階層も浅くしておきましょう。
カスタムURLの設定は WordPressなら簡単にできますので、間に合うのであれば、なるべく浅い階層で済むように設定しておきましょう

ドメイン〇〇.com/abc/1805180705/

ドメイン〇〇.com/abc-1805180705.html

など階層を浅くする(パーマリンク設定)。
 

ポイント Google を中心に対策を

ネットショップの検索からの流入を増やすには?

軌道修正
 

現在は Google も Yahoo も同じ検索エンジンのロボットが使われています。
Bingもありますが、とりあえず、Googleだけ意識しておけば十分です。

SEO対策に振り回されても、結果的にユーザーにとって有益でなければ、検索順位は上がることはありません。

どのようなユーザーがその商品ページが上位にあることで便利と感じるのか、その辺りをしっかりと考えたページ作りをしていきましょう
また購買前に商品について調べたい人のニーズを拾いたいならば、ブログなども活用して、比較記事、詳細解説などが読めるようにしておけば、そこにアクセスを集めてから誘導することも可能です。

商品紹介のページでは、まず「高解像度の画像(全方位)」、それから「動画による商品説明」など、読者がその商品のイメージをしっかりとつかめるページ作り、極端に言えば、「画面を見ていなくても音声を聴いているだけで手に取るようにその商品のことがわかる」ページ作りを目指すことです。

この努力こそ、究極の商品説明ページを作るために必要になるものだと思います。
頑張りましょう!
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!