法人相手のコンサル料金はどのように受け取るのか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

法人相手のコンサルティングを行う場合、コンサル料金はどのように受け取るのがよろしいでしょうか? カードで払ってもらうのでしょうか?

ビジネスネームの場合、振り込み先の口座名義が違ってしまいますが、大丈夫でしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

通常は銀行振り込みになります。法人相手でカード払いというのはあまりありませんね。

請求書を発行して、コンサルティング前、または後に振り込んでもらうことになりますが、一般的には後になります。支払いが翌々月末などになることが多いので、支払いサイト(締め日と支払い日)を確認しておきましょう。

銀行口座は本名で開設しますので、ビジネスネームとは異なります。これは仕方のないことですので、取引先に説明しておきましょう。
 

● 質問今、テロや詐欺対策などの一環で、銀行で屋号で口座を開設し難くなっていると聞きました。私も断られました。商品代金の振込先を、自分の名前だけの個人名義の口座にして問題ないのでしょうか?なるべくでしたら、会社にばれたくないので、名前を出したくありません。雑所得で処理する場合と、開業届を出して事業所得で処理する場合と、異なるのでしょうか?  ● 回答確かに、屋号での口座開設は若干審査が厳しくなっています。ですが、原則的に、個人事業の場合、屋号+個人名での銀行口座開設は可能です。正確に言えば、屋号...

 

屋号で口座を開設することもできますが、名義の最後に代表者名は入ります。ただし「副読み登録」をすることで、屋号だけで振り込みができるようになります。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!