今から起業するなら参考にしたい小さく始めて成功した4つの事業例

起業!と聞くと、一般的にはどうしてもハードルが高いイメージがありますよね。
リターンは大きくてもリスクも大きい、特別な人がやるもので自分には向いていない・・・このように思っている方もいるのではないでしょうか。

もちろん、仕事を辞めて、かなりの金額の初期費用を投じて起業するとなると、そのリスクは小さくありません。
しかし、実際に起業はそんな大きなリスクのあるものばかりではないのです。
現在の生活、仕事を維持したまま、プラスアルファとして行う起業も可能で、そうした起業で成功している人は少なくありません。
 


 

始めは小さい事業でも、徐々に育てていき、気がつけば大きな利益が出て本業になった!という方も多くいます。
ここでは、そんな小さく始めて成功をつかむためのポイントを紹介します。
 

ポイント 主婦の成功事例が多数!小さく始める起業で成功するポイントは2つ

今から起業するなら参考にしたい!小さく始めて成功した4つの事業例


 

実は小さく始めた起業の成功事例で多いのが主婦のプチ起業(新井の著書では「マイクロ起業」とも呼んでいます)です。
何故主婦のマイクロ起業が成功しやすいか、という点から、小さく始める起業のポイントを解説します。
 

1.ある程度余裕を持って、長期的な視野で見る

まず、主婦のマイクロ起業では基本的に夫の収入で生活ができているため、すぐにリターンを求める必要がなく、ゆったりとかまえていられるというメリットがあります。
生活がかかっている場合ですと、悠長なことは言っていられないため、その余裕のなさが視野を狭め、成功から遠ざかってしまうことがあります。

しかし、主婦の場合、利益が少ないときも長期的な視野でビジネスを見られます。
その余裕が、投資にかける時間を確保することができ、時間が多少かかっても結果的には成功を得られるということも少なくないのです。

つまり、小さく始める起業では、ある程度長期的な視野で、余裕をもって始めることが大切なのですね。
 

2.自分の趣味や好きなことを仕事にする

次に、主婦の起業では、自分の趣味や好きなことで始める人が多いという点があります。
ただ収入を得るという目的だけで起業すると、モチベーションを保つのはとても難しいものです。
会社勤めとは違い、会社に行けば給料がもらえるわけではないので、気持ちが続かずギブアップになりがちなのです。

その点、好きから始まった起業はモチベーションを保ちやすくなります。
これは事業を継続し、大きくしていく上で非常に大切なポイントです。
 

ポイント 今すぐに起業できる!小さく始めて育てやすい4つの事業例

今から起業するなら参考にしたい!小さく始めて成功した4つの事業例


 

それでは、自分の趣味や好きなことを活かし、小さく始めて育てていきやすい事業にはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、今からすぐにでも起業したい方のために、おすすめの事業を4つご紹介します。
 

得意分野でアドバイス「コンサルタント事業」

コンサルタントというと、難しいように感じられる方もいるようですが、コンサルタントとは専門家として的確なアドバイスを行う仕事です。
もちろん、自分に知識のないことではコンサルタントできませんが、自分が詳しいことだったらそれほど難しくはありません。

例えば、元保育士の方なら子育てアドバイス、整理、掃除が得意な方なら自宅の片づけ方アドバイス、ファッションの仕事をしていた方ならファッションアドバイスでも良いでしょう。

成功のために重要となることが宣伝です。

最初はコツコツと、ブログやメルマガでの宣伝を行うこととなりますが、

空いた時間で情報発信を続け、気がついたら読者数・アクセス数が伸びていた!
次第に問い合わせや講座の参加者が増えてきた!

という事例は数多くあります。

専門的知識を高めながら、常に適切な情報発信を続けていくことで大きな成功をつかめる可能性がある事業ですね。
 

すぐに収入になりやすい「代行事業」

代行事業は企業がホームページなどで募集していることもありますし、フリーランス向けの求人サイトなどで見つけることもできます。
例えばwebデザイナーやライター、イラストレーターなどの仕事があります。

仕事を得ることはさほど難しくないため、少しの時間でも無理なく始めることができます。
仕事を受けていくたびにうまくこなせるようになりますし、リピーターが増えてくるとしめたもの。

「この人に頼みたい!」

と多くの人に思ってもらうことで、収入増加が期待できます。
自分の強み、スキルを磨き、質を高めていくことが大切になりますね。
 

手軽にはじめられる「ネットショップ」

インターネットを活用すれば、物を販売する仕事も簡単にできます。
自分でホームページを作ってお店を立ち上げるのは大変と考える方もいると思いますが、実際はその必要はありません。

Amazonや楽天を始めとした、ユーザーの多いサイトに登録して販売すれば、比較的初期の労力も少なく、購入してもらえる可能性が高くなります。
最初は少ない資金で、品数は少なくても、自分のおすすめの品、需要の高い品などを販売していきましょう。

もちろん、同じような物を販売するライバルの存在はありますが、洋服やハンドメイドの品など、自分の趣味や興味を活かしたこだわりの品を揃えていくと、差別化しやすいようです。
 

見る目が確かなら挑戦してみたい「転売」

転売とは、限定商品や人気が高い商品、需要の高い商品などを安値で買い付け、オークションやフリマサイトなどで買値以上の価格で販売することを指します。

まず需要のある商品を見極める確かな目が必要なのですが、いつもアンテナを張っている自分の趣味の分野で始める場合は、成功率が高いようです。
自分の趣味の分野ならば、同じ趣味の人間がどのような物を欲しがり、何が人気となるかが察知しやすいでしょう。

とはいえ、いきなり大量に購入するのは軍資金も必要となりますし、取引が大変になります。
少量からお試しで始め、ノウハウを学んだのち、徐々に量を増やしていくと良いですね。
安定した仕入先が増えてくると、どんどん規模を拡大しやすくなります。
 

ポイント 自分が元々持つ得意分野を生かし、結果を焦らないことが成功の秘訣

今から起業するなら参考にしたい!小さく始めて成功した4つの事業例


 

自分の趣味、知識を軸にしながら、初めは楽しむ余裕と学ぶ姿勢をもち、結果を焦らないことが大切なようですね。

今回ご紹介した事業は、いずれもこれまでの生活を変えず、趣味や知識を活かしながら小さく始められるものばかり。
ピンとくるものがあった方は、是非起業への第一歩を踏み出してみてくださいね!
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!