ITエンジニアに副業を紹介するマッチングビジネスで起業したい

● 質問

ITエンジニアの生きがいを追求する仕事をしたいと思っています。
ITエンジニアは、自分の技術の陳腐化や、業界全体に蔓延するブラック感から、生きがいを見失っている人も多くいます。
そんな人たちに、会社にすべてを捧げるような生活を見直してもらい、生きがいを感じてもらえるようにしたいと思っています。

今考えているのは、副業の紹介です。
副業として、勤めている会社以外からの仕事を得られる仕組みです。
企業とエンジニアの両方にメリットがあると思います。

企業から見れば、副業で仕事をしている相手に仕事を出すことはリスクですが、安価ですし、お試しでやってもらえるお手軽感で、自社の社員を使って何かをするよりもメリットがあるかと考えます。
外注でも派遣エンジニアでもない、もっとお手軽な存在にすることができればと思います。

プログラミングなどでは、モチベーションが下がる仕事も多々あります。
サラリーマンとしてはモチベーションが下がってしまうような仕事も、プロフェッショナルとして引き受けられれば、また違うものだと思います。

アドバイスをください。
 

起業前質問集
 

● 回答

エンジニアに副業を紹介するというよりも、別の会社からの仕事を引き受けてもらうマッチングのようなものですね。
引退した人を含め、眠っている才能は多いでしょうから、意義のあるビジネスだと思います。

少し心配なのは、エンジニア側のメリットが弱いのかな、という点です。
安い報酬でさらに仕事が増えるとなれば、誰もやりたがらないでしょう。
サラリーマンとしてではなく、プロとして受けることの意味とやりがいについて、力強くアピールする必要がありますね。

企業側から見た場合の「副業でやっている人に仕事を出すリスク」についても、きちんと説明する必要がありますね。
納期や打ち合わせの難しさなどを含め、課題も出てくるでしょう。

一番の課題はどのように企業側から仕事を受注するかでしょうね。
会社員のままこのビジネスをスタートするとして、そのために営業活動ができないとすれば、どのように知ってもらうかがカギです。
説明のために訪問をすることもできないとなれば、WEBや資料を整えてから、FAXDMなども使って資料請求を受け付けることからですね。

どんなビジネスにも言えることですが、受注、集客さえできてしまえば、後は何とかなるものです。
最初の顧客獲得までは苦労があるでしょうし、エンジニアを集めるのも大変だとは想像しますが、何とか頑張っていきましょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!