情報を販売する場合の無料と有料の境界線はどう決める?

● 質問

営業さんのための名刺セミナーを開催しようとしております。

その参加者に名刺づくりのテキストをPDFで販売しようと考えております。

よくわからないのが、情報の無料と有料の境といいますか、どこからお金を頂いてよいものなのか、いつも悩んでしまいます。
 

起業前質問集
 

● 回答

情報の無料、有料の線引きは確かに悩ましい問題です。

ビジネスモデル次第というところですね。

情報は全て無料で開示して、さらに上の情報があるように思わせて教材を売っているYouTuber等もいれば、代行部分だけは有料になるコンサル会社などもあります。

今は情報提供だけに関して言えば、どんどん無料化する方向に進んではいます。

ですが、私自身もよく経験しますが、どうしても知りたい情報があり、数万円のダウンロード商材を買っても、中身が信じられないほど薄いこともあります。

このような詐欺まがいのことをすると信用を失いますね。
絶対ににやってはいけません。

情報を売る場合、有料の内容の一部を公開して、残りの部分の価値が十分に高いことを証明し、販売することが必要です。

無料版は、基本的なこと。よくある間違い、事例など。
有料版は、具体的なノウハウ、独自の情報、ページ数が多い、などですね。

質問者様の名刺づくりテキストは、安価なものにしておいて、実際に名刺の企画を作ってあげたり、作成をしてあげるところを有料化するのが、わかり易くてよさそうですね。

成果物が明確であれば、お金を払う価値をより感じてもらえるかと思います。
 



アイデア

初めての方へ:起業18フォーラムとは?

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!