副業から始める【脱サラで独立起業する方法】を解説(初心者向け)

起業18動画!

コメント&高評価はこちらをクリックして画面下へスクロール!
 

ポイント 副業から始める【脱サラで独立起業する方法】を解説(初心者向け)/h4>

起業18動画!

今日の動画は、脱サラについてです。

2020年の年明けは「脱サラ」というと、夢と希望に満ちた独立起業でした。

ですが、コロナですっかり様子が変わりました。
望まずとも、会社がなくなった、リストラされた、脱サラせざるを得なくなった方が急増しています。

まだ猶予がある人、「もしかしたらこの先、会社がやばいかも」とか「自分の身に何かが起きるかも」と思っている方は、今すぐ準備を始めてください。
その準備をするかしないかで、脱サラ後の生活が大きく変わってきます。

どんな準備を今すぐ始めるべきか?
まず、何を始めるのかを考えて、会社を辞める前に小さく始めて、軌道に乗せておくということです。

脱サラというと、「会社を辞めること」に焦点が当たって、それを一大イベントだと思い込んでる人が多いのですが、当然ながら生きてくことは続くわけで、勝負は辞めた後です。

辞めてからやるんじゃなくて、辞める前に一通りやっておく。
お客様を掴んでおくことが、どれだけ大事なことかという、会社辞めることが大事なんじゃないんだということを、是非お伝えしておきたいと思います。

もう一つは、しっかりと情報収集、知識を付けておこうということです。

サラリーマン時代に付けた知識で経営してから役に立つものは、1/3もありません。

いわゆる業界の専門知識は、役に立つ面もあります。
ですが、いわゆる経営に関しては素人、新入社員と同じなので、しっかりと知識を得ていきましょう。

お金を実際に回してみると、ビジネスにどのくらいのお金が掛かるのか、損益分岐点はいくらか、固定費がどんどん増えていく感じとか、税金をこんなに払っているのかとか、お金の事がどんどん分かるようになってきます。

1~2年やって、確認していく作業がとても重要です。

そして、何のために脱サラするのかを明確にしておきましょう。

辞めさせられてしまった人は仕方ないにしても、猶予がある人に関しては、その理由を明確にしておく必要があります。
それが、今後行動していく全てにおいて、軸、基準になっていきます。

起業すると、たくさんの困難もあります。
乗り越えられる人は、皆、この軸を持っています。
 

ダウンロード
 

会社で働きながら6カ月で起業する
1万人を教えてわかった成功の黄金ルール
https://amzn.to/2YwmCLJ(アマゾン)

リスクゼロで小さく起業
会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ
https://amzn.to/2IgkxLX(アマゾン)

働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ
朝晩30分 好きなことで起業する
https://amzn.to/2guKTea(アマゾン)

会社を辞めずに
朝晩30分からはじめる起業
https://amzn.to/2pWCxUC(アマゾン)