起業準備とはコレをすること!3つの『考える』こと

さて、今日は具体的な起業準備のお話しに入っていきます。
 

kigyo18arai4
 

『起業したいのですが、どうしたらよいのですか?』
『起業する時は、何から始めたらよいのですか?』

起業相談でも最も多い質問です。答えは簡単です。商品を作って、情報を発信して、売るんです。同時に、会計や様々な管理業務がでてきます。

ここで、敢えて言います。
 

起業したいのなら、ブログは書くな。
起業したいのなら、フェイスブックはやるな。
起業したいのなら、自宅に籠れ。

 

この3つです。普段お話していることの逆ですね(笑)
 

起業したいと思ったら、まずは自宅に籠りましょう! うーん、うーんと唸って、考えてほしいことがたくさんあるんです。何を考えてほしいかと言いますと、
 
 

ポイント まずは、お金のこと。

起業するには、お金がかかります。お金をかけないで起業することはできますが、ゼロではありません。助成金や融資、投資家の情報を集めている人、つまり開業資金の心配をする人も多いのですが、一番切実なのは生活費です。起業したら無収入になることを覚悟しておいてください。それでも1年、家族が暮らせるお金が必要になります。

サラリーマン時代にはお給料がありますよね? 会社に勤めているとこのありがたみがわからず、安月給だとか、こき使われているとか、そういう言葉を簡単に口にしてしまいますが、これがどれだけすごいことか、起業すると思い知ることになります。毎月決まった日にお金が入ってくる。このありがたみは、サラリーマンには決してわかりません。

起業に必要になるお金は、学びの資金、開業資金(開発・仕入れ・設備投資などすべて含む)、そして生活費です。生活費が無くなってくると平常心を失います。貯金が減っていく恐怖と戦いながら起業準備をするなんて不可能です。
 

ポイント 次に考えていただきたいこと、それは『発信』です。

私はいつも、『ブログやフェイスブックをやっておきましょう』とお伝えしています。ですが、ここでは敢えて、『それらをやるな』と書いてみます。何も持っていないうちから発信しようとしても、苦しくなるだけです。まずは発信するコンテンツを持ちましょう。それから発信しましょう。

あなたが発信を始めれば、ファンやアンチ、売込み、そして、仲間やお客様(見込み客)が集まってきます。日記を書いても集まりませんよ。あなたの商品やサービスを軸として、その商品を売る資格がある人間だということ(専門家ポジション)を発信していくのです。

そして、情報発信には知っておかなくてはならない大切なことがあります。想像つきますか? それは、『タダでやろうとするな』ということです。正しいマーケティングに基づいて、商品、サービスを用意したら『広告』を出します。サラリーマンの方は、この『広告投資』ができない人が多いです。皆が無料でやろうとします。ですので、忙しくて続かなくなり、ぼろぼろになってしまうのです。売れる商品を広告して利益を出す。これは当たり前のことです。
 

ポイント 最後に考えていただきたいこと、それは『人脈』です。

あなたは人脈をお持ちですか? 会社員をしている場合、同僚、同級生、ご近所、趣味つながり、色々あるでしょうが、人脈が広いと言える人は多くはないでしょう。だからと言って、異業種交流会やら起業イベントに行っても、殆どの場合は望んだ結果は得られないでしょう。はっきり現実を言いますと、起業●●交流会なんてイベントに行っても、次々と売り込まれるだけです。

なぜ交流会にでても人脈が増えないのでしょうか? 答えは簡単です。あなたが『与えられない』出会いは、流れてしまうからです。あなたが人脈を作りたいと思っている人は、どんな人ですか? 見込み客だったり、つながったら得をするかもしれない人ですよね。でも、相手にはあなたとつながる理由がないのです。あなたが相手を得させてあげなければ、出会いは実りません。

くれ、くれ、くれ、と相手に近づいて行けば、相手は逃げていきます。与えるポジションをとれば、人が自然に集まってきます。これが、異業種交流会や起業イベントにでても人脈が増えない理由です。

これを打開するには、与えるものを持つこと。そして、もっと簡単なのは、あなたが主催者になることです。場を与える人になってしまうことです。『私に売り込んでください!』とばかりに起業イベントで名刺を撒いているよりも、あなたがイベントを打つ方がよっぽど面白いはずです。
 

さて、上で挙げた『お金』『発信』『人脈』。これらは、会社員のまま準備を進めることができます。会社員だからできるとも言えます。勉強ばかりしていないで、どんどん行動しましょう。そして、成果を出していきましょう。あなたが今やるべきことは、自宅に籠ること。そして、準備活動を始めることです!
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!