起業すると時間の自由があるの?逆に自由が無くなるの?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

時間の自由を求めて起業する人は多いように感じますが、実際に起業した人を見ていると、とても忙しく働いているように思いますし、休みが取れないという話もよく聞きます。

実際はどっちなのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

業種にもよりますし、時期にもよりますね。

立ち上げ当初は必死になって働く人が多いのは事実ですし、そういう意味では忙しいでしょう。

起業18のポリシーでもあるのですが、なるべく早く時間の切り売りから脱却することが大切であり、私は、サラリーマンのうちに仕組みを作っておく必要があるとお伝えしています。
 

自分で事業をしている人は「忙しい」という感覚ではないかもしれません。
むしろ「楽しい」という感覚だと思います。

会社勤めをしていると、原則として「●時~●時」のように就業時間が規定されています。

起業している人は働いているとしても「拘束されている」わけではなく、自分の意志で自由に働いています。
その感覚の違いだと思います。

お勤めの場合には、就業時間内にプライベートな時間はありませんが、起業していれば空いた時間にちょっとひと眠りも自由です。

また、繁忙期や閑散期があったりする場合、自分が経営者なら休みを取ることも自由ですが、お勤めの場合は、仕事がなくても出社して、何かしらやらなければなりません。

実際、やることがないのか、ジムやカフェで時間をつぶしている人をよく見かけます。。

たとえ遅くまで働いているとしても「拘束」されていなければ、自分の用事を済ませたり、本を読んだり、美容院に行ったり・・・。
隙間時間も有意義に過ごせるので、ストレスがありません。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!