起業準備をするすべての人に知っていただきたい事実

起業18の新井です。
今日は、最近、つくづく思うことを書いておこうと思います。
 

あくびする
 

最近思うこと、それは、「もっと、信頼される人間になりたい」ということです。
信頼さえ勝ち取れば、ビジネスはもちろん、人生はよい方向に向かうと思います。

「信頼される人間になる」これに尽きる。
仕事をする上ではこの考えが非常に重要だと思うのです。
 

起業18の会員さま、そして、これから起業を目指す全ての人にお伝えしたいのです。
 

信頼される人間になろう!
仕事において、あの人はあてにならない、というレッテルを貼られてはならない。

 

なぜ、私がここまで「信頼」が大事だと思うのか、それをお話したいと思います。

この「信頼」が必ず、あなたの仕事人生に大きな変化をもたらすはずです。
あなたは、起業準備を進める過程で、そのことに気づいていただけるかと思います。
 

信頼を得るには日常の行動がすべてです。
普段の何気ない行動が大事なのです。

 

「塵も積もれば山となる。」
この言葉の意味、信頼を得ようとしたときにこそ、胸に染みわたります。
 

あてにならないというのは「いい加減」という意味でもあります。

仕事がいい加減と言われるということは、人柄、人間性を責められているわけではありませんが、人としていい加減であること以上に、仕事人としていい加減のほうが、ビジネスにおいては評価が低くなります。
 
  
人としてはいい加減、しかし仕事はきっちりやる。
人としてはいい、しかし、仕事はいい加減。
 

さて、人はどちらの人物を望むでしょうか?
あなたは、起業家として、あるいは、将来起業したとして、どちらの人を相手に仕事をしたいでしょうか?
 

もちろん、人としても仕事人としても誠実であることが理想なのは間違いありません。
両方できれば、それに越したことはありません。
 

しかしながら、自分のことはいい加減であっても、仕事においては信頼されている人もいます。
職場を出れば、プライベートはいい加減。
しかし、信頼される仕事をする。
その姿勢は仕事人としては、とても大切です。
 

いい加減な仕事とはどういうことでしょうか?
 

ここが難しいところです。
休んだり、ちょっと手を抜いたりすることが悪いわけではないのです。
 

肝心なことを押さえているかどうか。
大事なタイミングで、自分の役割を果たせるかどうか。

 

いい加減と思われてしまうかどうかは、ある意味ではタイミング次第。
さらに、一度、そのレッテルを張られてしまえば、そう簡単には覆せないのです。
 

ではどうすればよいのでしょうか?
 

常に、いい加減にならない仕事をしようと思い続けることだと思います。
その日頃の心得と行動が、あなたの仕事がいい加減にならない、信頼を得るタイミングを引き寄せるのだと思います。
 

よい仕事、よい人間関係を引き寄せ、気持ちよく仕事をする毎日が、自身の成長となり、誠実な心を育みます。
 

信頼を得るには日常の行動がすべて。
普段の何気ない行動が大事。

 

起業準備をするすべての人に、知っていただきたい事実です。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!