2015年、人気だったビジネスアイデア

2015年も11月半ばになりました。残り1カ月半。早いですね。まだ総括するには早いですが、私の周りで今年人気だったビジネスの種について解説をしてみたいと思います。
 

起業
 

皆さんは起業と聞いてどのようなことを思い浮かべますか? 殆どの人は大きく考え過ぎます。自分のお店や事務所をもって、社員やアルバイトを抱えて・・・、ですが、今はそんな時代ではありません。固定費が嵩む事業はあっという間に潰れます。勢いのある会社も、『ん? ちょっとおかしいことをやりだしたな・・・』と思ったらすぐに傾いてしまうのです。刻々と変化していく現代、起業の仕方も変わってきています。

今ではお金をかけず、自分の身の丈にあった範囲で起業するスタイルが増えてきています。高級住宅街に住み、高級車を乗り回す成功者という姿ではなく、『自分らしく自由に生きるための手段」として起業を始める人が増えています。私も『最初は』それでいいと思ってるタイプの一人です。(潜在意識はそこにおいてはダメだと思っていますが。)

さて、それでは、私の周りで今年人気だったビジネスアイデアをご紹介していきます。やはり、私の周りだけに、立ち上げに資金が極力かからない、最初は月々のコストが少なく、失敗してもリスクが少ない、特別なスキルがいらないというものが多かったですね。

ここで挙げるビジネスは、本当のタネになる部分。これをお小遣い稼ぎで終わらせるか、事業に発展させていけるか、そこが起業家の分かれ目です。
 

ポイント 1.アマゾンネットショップ

2015年、人気だったビジネスアイデア

アマゾンで転売するタイプのネットビジネスです。ただこれ、簡単ですけど、成功するのは難しいですよねぇ。すぐに価格競争が始まりますし、FBAの手数料は高いですし、よっぽどよい筋の仕入れルートを持っていない限り、継続するのは難しいと思います。

ですが、とにかく始めるが簡単なので人気でしたね。通常お店を出すとなると数百万単位の資金がかかりますが、ネットショップならお金をかけずに自分の店を持つことができます。競争が激しいと言っても大失敗したとしてもダメージは小さく、誰にでもできるのが魅力ですね。

アマゾンで怖いのは、いきなり商品登録の制限がかかったり、手数料が値上げされたり、アマゾンのルールに振り回されること。それと、発売後にすぐ始まる最低価格競争ですね。
 

ポイント 2.E-Bay転売

2015年、人気だったビジネスアイデア

ヤフオクやショップで仕入れて、アメリカのE-Bayで転売する個人輸出ビジネスが人気でした。円安も手伝い、この傾向は来年も続くでしょう。人気の商材はカメラ、釣り具、フィギアなんかですね。秋葉原や中野で目利きできる商品を仕入れて転売するビジネスです。

アカウントを育てたりと細かな作業も必要ですが、月に10~100万円の利益が安定的に出せるということで、人気化しています。飽和状態になる日も来るのか!? という感じですが、市場はもう少し拡大していくと思いますので、まだ来年は平気でしょう。
 

ポイント 3.コーチ風コンサルタント

2015年、人気だったビジネスアイデア

波風が起こる発言かもしれませんが、、本物のコーチっていないですねぇ。。私の知っている人では2人くらいかな? 殆どの人が、コーチングスキルを使うコンサルタントですね。基本、人の話を聴かないで教えたがりの人が多い(笑)すぐに体験セッション売り込んでくるし(笑)コミュニケーションが好きな人って、話好きが多いんですよね。

まぁ、それはそれで人のビジネスですからOK。もしあなたに専門分野が有ればコンサルタントとして活動できます。難しいイメージですが、資格もいらないですし、すごく簡単です。私のような起業コンサルタント、営業コンサルタント、人生コンサルタントと、店舗も機材もいらないですので、体一つで始められます。人に教えるのが好きな人はコンサルタントがお勧めです。
 

ポイント 4.屋台・軒先で販売する系

2015年、人気だったビジネスアイデア

屋台系のフランチャイズを始める人もいましたね。店舗を持つよりも気軽にでき、従業員を雇わずに一人からでも始められますし、休日を利用して週末でも始められるのがいいみたいですね。アクセサリーを売ったりしている人もいました。撤退も簡単ですしね。

他にも、空いている店舗の軒先を借りている人もいましたね。その他にもスーパーの駐車場、マンションの空きスペースなど、使っていなスペースを時間で貸してもらい、そこで簡易的にショップを開いたり。許認可をきちんととれば、行けると思います。通常の飲食店によくある『時間帯リスク』が軽減でき、時間と形態をその場その場で変えて効率よく営業ができますね。
 

ポイント 5.情報を売るビジネス

2015年、人気だったビジネスアイデア

日本ではかなりハードルが高いビジネスです。あなただけが知っている情報をネットからダウンロードで販売するものです。ネット上の情報は限りなく無料に近づいていきますので、そのうち成り立たなくなるでしょうが、今はまだわずかに生き残っています。多くの人が関心があるのが、美容・健康・恋愛系の情報です。

また資格試験の対策も世の中には多くの情報が出回っていますので、わかりやすくまとめることでお金をとれる価値が生まれることがあります。いかに他の人が知らない情報か、氾濫する情報をわかりやすくまとめているか、などで価値が高まります。ブログアフィリエイトをする人も多かったですね。あ、起業18もアフィリエイトプログラムがありますので、ぜひお願いします!
 

ポイント 6.評論家

2015年、人気だったビジネスアイデア

アフィリエイトとほぼ同じようなものですが、ブロガーも増えました。特定の分野に精通してひたすらレビュー記事を書くものです。評論家とは違うかもしれませんが、夕日が好きなおじさんがいろいろな場所から夕日の写真を撮っていたら、それが注目を集めて雑誌に連載するようになったり、毎日コンビニのアイスを食べて感想をブログに書いていたところ、多くの雑誌やメディアに取り上げられて有名になる人もいました。

評論家になるにはとにかく自分がこだわりあるものや、好きなことを発信し続けて興味を持ってもらうことです。誰にでもできるものですので、やってみると面白いですね。
 

ポイント 7.レンタルビジネス

2015年、人気だったビジネスアイデア

レンタルビジネスは、買うまでにはいかないような利用頻度の少ないものや高額すぎて買えないものなどをレンタルするサービス。初期費用がかかりますが、アイデア次第では大きなビジネスチャンスがあるみたいですね。例えば一年に数回しか使わないスーツケースや、楽器、キャンプ道具、スキー道具、BBQセットなど、いろいろありそうです。

スキルなんか一切いらないので、目の付け所だけですね。レンタル後に気に入ってもらえた場合には、そのまま販売できる仕組みにすることで多く稼げそうです。僕の場合、衣装がありがたいですね。
 

ポイント 8.教室運営

2015年、人気だったビジネスアイデア

セミナールームを借りるだけで開業できるのが教室ビジネスです。どんなジャンルであれ、初心者向けの教室を開けば、専門的な知識がなくても開くことができるビジネスです。一等地でなくても郊外のビルやマンションの2階などで構わないので、安く済ませることができ、実践する人が増えています。

設備投資として必要なものは、パソコン、パワーポイント、プリンター、プロジェクターなど。そんな高額ではないので、すぐに着手できます。たくさんの人が教室を立ち上げています。あなたもぜひチャレンジしてみてください。そして、シェアオフィスやレンタルスペースなど、そのような教室運営者に場所を提供するビジネスも盛況です。
 

ポイント 9.スマホ発信起業

2015年、人気だったビジネスアイデア

かつては、自分の得意なスキルやジャンルをビジネスにすることはあっても、成功する人はほんの一握りでした。しかし今はネット社会になり、誰もがスマホを持ち、個人レベルで全国に発信できるようになりました。写真や動画、ブログをソーシャルメディアで発信して、ビジネスにつなげることがとても簡単になりました。ちょっと一捻りするだけで、バズを生み出し、人気がでることもあります。

自分のやりたいこと書きたいことを発表し続ければ、いつかそれをまとめて本にすることもできます。ブランディングになりますし、何より夢のあるビジネスです。弊社でも出版をプロデュースしていますので、ご興味のある方はお声掛けください。
 

ポイント 10.着眼点・先見性のあるビジネス

2015年、人気だったビジネスアイデア

10年以上前に放送していた『マネーの虎』をご存知ですか? 起業をしたい投資家を集めてプレゼンをして、見事口説き落とせば全額投資してもらえるというインパクトのある番組でした。私はいまでも、ユーチューブでしょっちゅう見ています。番組が終わり10年が経ち、答え合わせができるところが最高に面白いんです。

当時、却下されたアイデアでも面白いものがたくさんあります。アニメ、アイドルの抱きまくらは、当時オタク文化がそれほど広まっていなかったので、偏見の目で見られていました。ですが、最近ではそのようなこともなく、触るとしゃべる抱きまくらまで出てきました。2015年、このような商品は流行り続けています。

本人の学力が必要な中学、高校受験に比べて幼稚園、小学校の受験は親で決まると言われています。どのような服装や立ち振舞がふさわしいのかを教えてくれるサービスはありませんでした。志願者の主婦の方は先見性もあり、多くの方に役立てるようなアイデアでした。こちらも今では人気の種類のビジネスです。

自分が利用したかったけど周りにないもの。また自分の持っている知識を周りが必要とするようなものはビジネスになります。マレーシアのゴルフ場に着眼点をおき、日本で余っているゴルフクラブを安く仕入れて、マレーシアで転売するというビジネスも却下でした。今なら当たるでしょうね。海外への転売へのビジネスは、スキルや才能がなくても大きなチャンスがあります。
 

ポイント まとめ:起業に必要なのは、まず勇気を持って一歩を踏み出すこと

2015年、人気だったビジネスアイデア

以上、2015年に流行った起業のアイデアでした。ビジネスや起業というと固く考えがちですが、今の日本は面白いサービスを求めています。アイデアを考えるときは肩の力を抜いて、限りなくふざけながら考えてみてはいかがでしょうか?

ある起業家が言っていました。『どんなアイデアでもやる人がやれば成功する』つまりやり方しだいではどんなアイデアでも成功できます。ここで重要なのは、頭で考えずにやってみることです。多くの人はやる前に完璧なアイデアを決めようとしますが、起業したことがない初心者にはまず無理です。アイデアは小さな種で問題ありません。それを実際にやりながら育てていくイメージです。

資本金がかからないものでよいのです。その方が、仮に失敗してもリスクが低いですし、挑戦したという経験が必ず得られます。また、あなたにとってそれは大きな力になります。どんなアイデアでも構いません。自分がそのアイデアで一番テンション上がるものから始めてみましょう。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!