株式会社を作るのは意外と簡単!(必要ないけど・・・)

起業18の新井です。今回は株式会社(法人)設立、作り方について、書いてみようと思います。本当は、あまり必要のないのですが。。
 

会社を作る順番リスト
 

私たちは会社員のまま始める起業準備塾として、最初の一歩の進め方、ビジネスモデルの作り方、マーケティングなどのノウハウとモチベーションの提供を行っていますが、たまに、「会社設立ってどうやるの?」という、実は起業にあまり関係のないことばかり気にしてしまう人に出会います。

ビジネスがなければ、会社があっても仕方がありません。まずは個人事業で十分だとは思います。ですが、気にする方があまりにも多いので、念のためにお話をしておきます。実は、会社設立自体はとても簡単です。ネットにいくらでも情報がありますし、こちらはおすすめです。

まず、会社名を決めなくてはいけません。気合いが入る場面ですが、後々後悔する方も多いところですので、慎重に決めていただく必要もあります。事業目的を絞り、マーケティングを一点集中できるような名前にするとよいでしょう。
 

ポイント 実際は、プロに任せてしまえばよい

株式会社を作るのは意外と簡単!

設立日や決算日などは、税理士や会計事務所と相談して決めてください。資本金はできれば300万円程度を用意してもらいたいです。そのくらいあれば、1年で倒産という可能性はかなり低くなります。

出資者と経営者ですが、ほとんどの場合、一緒の人がやります。(※ もちろん別々の場合もあります。)出資者の印鑑証明が1枚、経営者の印鑑証明が1枚いります。(※ どっちもやる場合は、2枚必要になりますのでご注意ください。)税務署の届け出も簡単に済みます。書類関係もすぐに済みますので、従業員を雇うか雇わないかを考えて届ければよいだけの話です。
 

ポイント まとめ

株式会社を作るのは意外と簡単!

株式会社の設立というのは、ほとんどが型に当てはめられたものです。出資者も経営者も3名以内で始めるというのがほとんどです。手続きも早くて1~2週間くらいで済みます。

大事なことは、継続できない会社をむやみに作ってしまわないことです。事業目的と資本金の2つの存在は大きいです。事業目的は絞り込めているか? 継続するだけのお金はあるか? その2つです。そこをしっかりしておけば、最低1年は持つ会社になれます。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!