本業の会社で身につけたノウハウをベースに起業して背任になりませんか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

中小企業向けのITコンサルで起業したいと思っています。

ですが、私は本業がSEのため、会社のノウハウが身についています。会社を辞める前に副業でそのノウハウをベースに他社にコンサルして、背任行為にあたらないでしょうか?

本業とのすみわけ方法を教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

確かに、本業の延長線上の起業ネタで行く場合、その境界線は難しいことがあります。リスクマネジメントの観点から、慎重に行動されることをお勧めします。

会社に副業がバレた場合、会社側はノウハウや情報を第三者に渡していると不正を疑うことでしょう。その場合に「不正なことをしていない」と、きちんと説明できるようにしておくことはもちろん、そもそも対象顧客を変えたり、資料を流用しないなど、最初から切り分けをしておくことが大切になります。
 

手
 

対象顧客を中小企業ではなく、個人の起業家にされるのはいかがでしょうか? ITに弱い人はたくさんいますし、需要はあると思います。絶対にやってはいけないのは、今の会社の顧客に手を出したり、取引をしてしまうことです。それをしてしまうと、言い逃れは一切できません。

また、直接コンサルティングをする以外にも、動画講座を販売するなど、会社員のまま始めるのにより適したやり方もあります。

昼間の時間にコンサルティングは可能なのでしょうか? もし、そこを考えていなかったとすればいい機会でもあります。今の会社と競合しない形に変えてしまいましょう。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!